人気ブログランキング |

2004年 06月 22日 ( 1 )

TOEIC元年

前回のプロフィールにも紹介したが、私は1997年にTOEIC試験を初めて受験した。私の勤務する会社が受験を義務づけたからである。当時は『トエイックって何だ?』とわめいているレベルだったから、結果は当然のように惨めなものだった。この試験との出会いはほろ苦いものだったが、その後の英会話学習を考える上では私にとっては実にエポックメイキングな出来事だった。
 私がこの試験に出会ったことで最も意味があったのは、『英会話学習は筋肉トレーニングと同じである』ということを再認識したことである。このことは以前から漠然とは気がついていたのだが、TOEIC試験そのものがこの事を強烈に知らしめてくれた。
 受験直前、私は何とかスコアをでっち上げるために、TOEIC関連の一冊のガイドブックを購入した。『200点以上アップのためのTOEIC最強の勉強法 :池田和弘著 日本実業出版社』という本である(この本は結構人気があるね)。最初、私はこの本にお気楽勉強法の紹介を期待していた。しかし、著者の池田氏の主張は全く別のものであり、軽い語り口の中に英会話学習の本質がてんこ盛りになっていた。まさに『目からウロコが落ちる』とはこのことで、私はこれまでの自分の学習方法がいかに非効率なものだったのかを思い知らされた。筋金入りの英語難民である私は思わず、『ヤバイ。このままだと百年かかっても英語は話せないぞ・・・』とつぶやかざるを得なかった。
by crossovermiddle | 2004-06-22 22:55 | 英語地獄 | Trackback

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30