身近な英会話レッスン

ロシアのテロがやっかいなことになっている。子供をこのような形で巻き込むようになったら末期的である。今後は何でもありになってゆくのだろうか?海の向こうも色々大変であるが、湘南ベルマーレも大変である。上田監督の就任が良い方向に働くと信じているのだが、プロサッカーは厳しい世界であり、成功のためのパラメータは数多い。明日のゲームで今後の動きについて何らかのヒントがつかめるかも知れない。
 さて今日は英語の話題であるが、以前にスピーキング修行についてこんなことを書いたが、これを実践しているところが直ぐ身近にあった。何のことはない、私の会社の定期英会話レッスンがこれだったのである。最近、英会話レッスンが会社のカリキュラムとして開始されたらしいのだ。終業後、余りにも空腹だったのでコンビニで弁当を買ってきて会議室で食べていたのだが、隣の会議室から件のレッスンが聞こえてくる。講師はどこかの英会話スクールから派遣されているらしい外国人。全員で講師の発音をまねて英文を音読しているのである。若干の会話があるが、かなりの部分は音読を繰り返している。「ほほう」と思った。私は、オシャベリ会のようなレッスンしか経験したことがないので、このようなレッスンは新鮮に思える。しかも、私の持論に合致している。
 しかしよく考えて見ると、これはやる気さえあれば一人でも簡単にできるのである。別に、ネイティブの外国人講師に発音してもらわなくたって、そのような学習教材は腐るほどある。私個人としては、もしこのレッスン費用が全額会社負担ならば「是非やりたい」と思ったので、早速管理部門に確認したところ自己負担分もそれなりの金額だった。金払うくらいなら、自分でやる方が良いよなあ。自己負担金が同額で、毎日このレッスンが受けられるのならOKだが絶対に無理だろう。うーむ。英会話修行は本当に悩み多きものである。
トラックバックURL : https://crossoverm.exblog.jp/tb/25949174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by crossovermiddle | 2004-09-04 15:44 | 英語地獄 | Trackback

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31