<   2016年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

The beatles_The Beatles

b0021712_2171582.jpg ビートルズが初来日してから今日で50年なのだそうだ。今回の騒動で英国人のアホさ加減には呆れてしまったが、やはりビートルズは素晴らしい。英国がせっかくEUから離脱するというので、今回はビートルズのアルバムについて言及したい。

 ちなみに、一説によると英国は「離脱しないかも知れない」らしい。正確に言うと、「色々あって、結局離脱できなくなるんじゃあないの?」だそうである。ソースは某大手車両メーカのOB。まあ、説得力はあったな。

 ビートルズの話である。私くらいの年齢だとビートルズ末期はリアルタイムなので、その辺の知ったか兄ちゃんとは思い入れのレベルが違うのである。ホワイトアルバムとも呼ばれている本アルバムであるが、ビートルズのオリジナルとしては唯一の2枚組なんだそうだ。

 確かに、そーだね。シカゴなんか4枚も出してるのにね。2枚組どころか4枚組(ライブ・アット・カーネギ)なんてのもありますな。

 1968年の発表であるが、プロデューサのオッチャンはシングルアルバムにすべき・・・と駄々をこねたらしいのだが(コスト的に不利だからね)、メンバ全員が「2枚組じゃないと嫌だ」とこれまた駄々をこねて結局2枚組になったらしい。本当かね?

 シカゴと違ってビートルズの曲は短いのが多いから、2枚組だと凄い曲数である。A面に8曲、B面に9曲、C面に7曲、D面に6曲の計30曲となる。お買い得ですね。

 とにもかくにも、ゴチャゴチャなテイストの曲が収録されていて私的には実に好きなのだが、一般的には「散漫でダメですねえ」みたいな評価が支配的である。何をエラソーに・・と言いたい。良いものは良いのだ。

 ビルボードで9週間も1位なんだぞ。良いとか悪いとか勝手に決めるな・・と再度言いたい。

 私的に一つポイントを挙げると、8CHのマルチトラックレコーダが用いられた・・という点だ。嘘か本当か知らんが、B面8曲目の「I Will」は件のマルチトラックを活用してポール一人で制作したらしい。

 初めてこの曲を聴いた時は衝撃を受けた。良い曲ですねえ。他にも色々興味深い曲が目白押しではあるが、やはりアビーロードには負けるなあ…とは思う。

[PR]
by crossovermiddle | 2016-06-29 21:29 | 音楽全般 | Trackback

Amoroso__ Joao Gilberto

b0021712_9575268.jpg  英国発のアホな一件でただでさえ気分が悪いのに、昨夜のベルマーレの試合はATで同点に追いつかれ勝ち点2が消失するという悲しい展開だった。スカパーオンデマンドの画面に向かって「アホかあああああ!!」と大声で叫んだのは久しぶりだ。

 ダメな時は何をやってもダメなのか?

 このような気分がささくれている時は何をすればよいのか?優れた音楽を聴くしかないのだ。今回は人類の至宝と言っても過言ではない(過言か?)、ボサノバの巨匠ジョアン・ジルベルトの名作「Amoroso」である。

 アルバムの最初から最後までポワーンとしたストリングスがボサノバの名曲に被さる。そして、ジルベルトの「まあ、適当にやりますわ」的な覇気のないボーカル。賛否両論があるらしいが、宝石のようなサウンドであろう。

 特に特筆すべきは、ストリングスアレンジである。実に素晴らしい。私の好みだ。何故ならば、プロデューサが私の大好きなトミー・リピューマだからだ。最もトミー・リピューマ的なアルバムである。

 彼は色々なアルバムのプロデュースをおこなったウルトラ大御所であるが、やはりこのようなサウンドが一番良い。70年代はこのようなテイストのサウンドが沢山あった。今は無い。

 時代の流れだからしょうがないが、何とも悲しいなあ・・・。同じくトミー・リピューマがプロデュースしたこの曲が収録されているデオダートのアルバム「Love Island」と聴き比べてみるのも楽しいだろう。

[PR]
by crossovermiddle | 2016-06-26 10:15 | 音楽全般 | Trackback
b0021712_13422539.jpgEUがヤバイ。私の金融資産もヤバイ。私は人生の1/3はスケベな事を考えてきた訳であるが、今後もそのつもりである。したがって、「定年後→年金前」の微妙な時期は波風経立てずに過ごすつもりだったのであるがこの有様である。やってられん。

 英国人ってアホなのか?ビートルズやらキングクリムゾンやらレッドツエッペリンやらピンクフロイドやらクイーンやらディープパープルやらムーディブルースやらやらやら・・・を生み出した誇り高き国なのにアホなのか?

 アホはもう知らん。

 もうヤケクソなので今回のテーマはAKB48である。実は私はAKB48の曲が大好きなのだ。ただし、AKB48のお嬢様達には全く興味はない。本当だ。嘘ではない。本当なのだ。今回紹介する「恋するフォーチュンクッキー」は凄い作品である。

 曲も凄いし、プロモーションビデオも凄い。AKB48の楽曲は私の大嫌いなコンピュータミュージックが基本であるが、これだけクオリティが高いと素晴らしいとしか言えない。

 上記のプロモーションビデオについても、企業/団体が曲に合わせて独自のプロモーションビデオを制作してWebに公開するという非常に興味深い企画が話題になった。

 サイバーエージェント社やらサマンサタバサ社やらのPVを連続観賞したが、出演しているのが綺麗なネーチャンばっかりで、我が社との余りの格差に愕然となってしまったのである。ともかく何ともハッピーな気分になれる素晴らしい曲であろう。

[PR]
by crossovermiddle | 2016-06-25 13:50 | 音楽全般 | Trackback

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30