<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Carmel__Joe Sample

b0021712_6204333.jpg  ベルマーレは昨日の試合で、昨年のJ1リーグ覇者サンフレッチェに0-2で惨敗。悔しいので、今回は気分直しのために爽やかなフュージョンの名盤をテーマにしたい。クルセダーズのキーボーディストとして名高いジョー・サンプルの3枚目のソロ・アルバムである。アルバムの発表は1979年で、大学の研究室の友人が『どえりゃーええでえ!!』とか言って買ってきたように記憶している。確かに、当時は奥様、お嬢様達に結構な人気だったそうだ。
 久し振りに聴いたのだが、正直『うーん』という感じ。30年以上前の爽やかピアノ・フュージョンであるがどうも良くない。何か『うーん・・・』かと言うと、リードが生ピアノだからだ。別に生ピアノが嫌いな訳では無いが、Jazzyな爽やかフュージョン曲は生ではなくて、エレピを使用してもらわないといかん。生ピアノでリードとると、何だかお上品になってしまうのだ。『お上品の何がいけないのざますか?』みたいな反論が、お上品な方達から舞い込みそうだが、爽やかJazzなんてお上品にやってもらったら困るのだ。かなり暴言だけど・・。・・・ということで、このアルバムは私に取ってはちょっとつまらない。
 しかし、A面最後の『A RAINY DAY IN MONTEREY』は、唯一エレピがソロを取っている名曲だ。やはり、70年代の爽やかフュージョンはこうでなければいかん。素晴らしい。ただし、この類をライブの演目にするのは相当な覚悟が必要だ。良い曲が必ずしも演目として受けるとは限らない。ライブは難しい。

 ところでライブについでで話は変わるが、私のように定年間際のオッサンになると『老後はどうやって時間をつぶそうか?』みたいな事を真剣に考えるようになる。最近は65 歳までの嘱託雇用延長、年金制度見直し等考慮すべきパラメータが多くて、我々オッサン連中は『今後の人生がどうなるかは何だか良くわからんが、今のうちに何か芸を仕込んでおかなければ・・・・』という脅迫観念状態に陥っている。そのような背景により、私は最近釣りにチャレンジしているのだ。同じ事で悩んでいる他のオッサン連中の選択肢の一つが『楽器演奏に挑戦する事』である。そこで、オッサンのくせにバンドライブ活動なんていう派手な動きをしている私は彼らの注目の的であり、色々と相談を受けたりするのだ。・・・で、『バンド活動って楽しい?』って聞かれるので、『人間関係が辛いよ』とひとまず答えることにしている(ウソだけど・・)。
 実は、我々の近傍世代にはギターをある程度弾けるオッサンがやたらと多い。中学、高校時代に歴史的なフォークブーム(吉田拓郎、かぐや姫、NSPとか)に巻き込まれたからだ。『・・・僕の髪イイイがあああ、・・肩まで伸びてええええ・・』なんてやっていたわけですね。しかし、ギター演奏を歯を食いしばって継続した私のようなオッサンと、それとは疎遠になってしまったオッサンとでは、今になって人生において大きな差がついてしまったのであるぞよ。継続は力なり。ざまあみろ。ケケケケケ・・・と、質問者のお悩みオッサンに偉そうにネチネチ言うと嫌ーアな顔をする。そこで、彼等には『・・・ギターはオッサンバンドにおいては供給過剰状態なので、バンド活動がしたいのだったら、ベースかドラムスをやった方が良いよ』とアドバイスしている。これは、まじめな正しいアドバイスのつもりだし、自分もそうやって現在のバンドに関わっている。要は、バンドの華であるリードギターのポジションをあきらめれば良いのだ。このポジションは、若手に譲るべきなのだ。オッサンバンドに参加する事が目的で、ギター演奏にそれほどこだわりがないのなら、絶対にこちらの選択肢の方が楽しい人生になると思う。ギターの素養がある程度あるならば、趣味の自己満足ヨレヨレオッサンバンドが要求する演奏品質のベース/ドラムは、3ヶ月程度の猛特訓で何とかなると思われる。ただし、歌が上手ければ絶対有利だ。実は、世の中のバンドで一番不足しているのは優秀なボーカルだからだ。
 それからもう一つ。ヒーローになることをあきらめきれずに『Saxって金管と違って吹けば音出るから簡単そうだなあ・・』とか『フルートって上品だし、女性に何となくモテそうだなあ・・』なんて事を安易に表明するオッサン連中が一部にいる。愚か者!!と声を大にして言いたい。管楽器をバンドで演奏するなんて100年早いわ。理由は面倒臭いから書かないが、管楽器に初挑戦してオッサン・バンドのヒーローになって奥さんや娘さんにキャーキャー言わそうなんて簡単には考えない方が良い。
 
[PR]
by crossovermiddle | 2013-05-26 06:49 | 音楽全般
b0021712_18585795.jpg 今年度の個人的な音楽演奏活動は絶滅危惧種のカテゴリであるFusionに回帰する事を積極的に進めたいと考えている。今年の11月に予定されている会社軽音楽部のライブでも演目は強烈にFusion回帰を主張するつもりだ。その心意気を示す意味で、今回のテーマは日本のFusion勃興時に我々Fusionマニアに強烈な印象を残したスペース・サーカスの二枚目のアルバム。スペース・サーカスは二枚しかアルバムを発表しなかったから、これが彼らのラストアルバムになる。一枚目は、以前に紹介済みである
 読者諸兄は40年近くも前の和製Fusionグループであるスペース・サーカスの事はご存じないと思うので、この紹介サイトをご覧いただきたい。最大の売りはベース担当の岡野氏のアトラクティブなベース演奏である(この人は同い年なんだな。初めて知った)。ド派手な速弾きチョッパー奏法で、当時は『サムピック奏法(親指奏法)』として紹介されていた。『ベチベチベチベチ・・・・』ってやっちゃう演奏方法ですね。今はスラップ奏法とかの方が呼び名としては一般的かも知れない。サムピック奏法→チョッパー奏法→スラップ奏法と呼び名が変遷しているが、叙情派のベーシスト達は一貫して下品な奏法・・だと言って余りやりませんね。私はスラップベースは余り弾けないので偉そうな事は言えないが、別に下品な奏法とは思わないけれど、やり過ぎるとベース本来の役割である『アンサンブルを支えるベース音』ってのがどっかへ行ってしまう恐れがある。仕事知り合いのセミプロベーシスト氏(40歳代)は『スラップなんて、コツさえ掴めば簡単スよ。ほれ、ベチベチベチ・・・』ってな感じで演奏しちゃうのだが、私がまねをしてやると直ぐに手がヘロヘロになる。やはり、寄る年波には勝てないのか?オッサンにはキツイ奏法である。10分程度スラップをやると、PCのキーボードがたたけなくなる。
 論より証拠で、彼らの演奏をおなじみのYoutubeで聴いていただきたい。ベースは基本ベチベチ・・・・・・・・であるが、曲がほとんどプログレロックのイエス風だから少々違和感あるな。今このアルバムを聞くと『ふーん』って感じなのだが、当時は『スゲーなあ。音数多いなあ・・』と言ってひっくり返った訳だ。純粋な楽器青年だったから。やはり、ややこしい事をやる先駆者は強い。このアルバムは一枚目とはかなり趣が違う。プリズムに良く似た緊張感のあるロック風サウンドであり、一方でJazzのJの字もない。当時のライバルのプリズムがブレークしちゃったので焦ったのか?でも、売りがベース・・・ってのは和田師匠の超速弾きリードギターが売りのプリズムに対しては分が悪いのではないでしょうか?と思う。ともかく、70年代後半の音楽シーンにおいてはこの手のサウンドが旬だったのは確かだ。しかし、今は完全に絶滅危惧種と言えるだろう。この手のサウンドやってたら、直ぐに行き詰まるような気がするし、バンドの人間関係も悪くなりそうである。
[PR]
by crossovermiddle | 2013-05-18 21:43 | 音楽全般

Starman__David Bowie

b0021712_2015039.jpg 本日のJ1リーグ 湘南Vs東京のホーム試合は、相も変わらず大雨であった。しかし、3-2の逆転で勝ち点3をゲット。私が行くと負けない。息子が行くと大量失点で負ける。実にめでたい。飯がうまい。
 さて、最近は円安、株高等が奏功しているのか、キャンディーズが巷のオッサン・オバサン連中には話題だ(本当かいな?)。過去にも彼女達への思い(特にスー)を述べたことがあるが、現在の芸能界アイドルのレベルを考慮すると『日本のスリーディグリーズ』と言っても過言ではないだろう。ただし、当該ブログで報告申し上げましたようにスー(故田中好子さん)の処遇については、彼女の大フアンだった私としては大不満であった訳だ。なぜ彼女をセンターからサイドに移したのか?当時は、全く理解不能だった。そこで湘南も勝利したし、キャンディーズデビューから40年が経過したことでもあるし、どうしてそのような事になるのかいな?ということを色々と研究してみたのだ。そして、この動画にその答えの一端が垣間見られる事を突き止めたのであーる。動画では、画面左から、ミキ→ラン→スー ・・と並んでいる訳だが、彼女達の胸から肩にかけてのラインの幅と厚さに、それぞれかなり違いがある。スーのスケールは、やはりオバサンのそれ・・なのだ。だからこそ私は大フアンなのだが、当時の若い野郎達は中間のランがやはり良かったのか・・。正に中庸の美徳なのだろう。後年、女優として成功したスーであるが、この若い時のボリューム過多がよほど悩みだったのか知らないが、かなりスリムになってしまった。逆に私としてはガックリ来てしまったのである。あのまま、原日出子さんのようにボリューム満点熟女になったら最高だったに・・・。とはいえ、2011年に何気なく見ていたテレビニュースで彼女の悲報を食事中に知らされたときは、思わず茶碗と箸を落としそうになるくらい驚き、茫然自失となってしまった。最近多くなりつつあるが、自分と同い年の芸能人が亡くなるのは本当に寂しく、つらいものである。
 ・・・で、本日のテーマであるが、キャンディーズとは全然関係ないのでありますね。今も若々しいデビット・ボーイオヤジのスターマンですね。イントロの12弦ギターのストローク奏法が特徴的で、実に気持ちの良いメロディーである。当時(高校生)は、何だか『デビット・ボーイは変態』みたいな話があって、全く近づく気にならなかったのだが、どういう訳かこの曲だけは『ええなあ・・』と言うことでギターの練習教材に利用した思い出がある。特に、『スタあーマン・・・』の部分のコード進行はギター初心者だった当時の私に取っては洒落ていたのである。久し振りに聴いたが、良い曲だなあ。別に一家に一枚は必要ないと思いますが・・。
[PR]
by crossovermiddle | 2013-05-11 20:21 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30