<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

666___Aphrodite's Child

b0021712_12238100.jpg 悪名高きCitiBankにだまされて私も外貨預金をしているお騒がせユーロであるが、いよいよ息の根が止まりそうな気配である。降ってわいたようなキプロス問題なんか、開いた口がふさがらない。何だか、制度設計がアホっぽい。ヤバイぞ、俺のユーロ預金・・という程でもないがどうしたものか。
 そのユーロ問題でお馴染みのこれまた悪名高いギリシャが生んだプログレッシブロックグループであるアフロデイテス・チャイルドの最後のアルバムである『666』が今回の紹介テーマ。そろそろ、プログレッシブ・ロック特集も飽きてきたので、次回は別路線に変更する予定である。新年度にもなるし・・・。
 さて、本アルバムは以前にもちょっと紹介したことがあるのだが、結構凄い内容の二枚組アルバムである。ここにフルバージョンがアップされているので、じっくり堪能いただきたい。発表は1971年というから、遙か昔である。このころは、欧州は輝いていたのだなあ・・。それにひきかえ、ユーロは駄目だなあ。私のユーロ預金の明日はどっちだ?
 とにかく、このアルバムを制作するためにスタジオ系のミュージシャンも強化して再結成されたらしい。全曲聴くと凄い疲れる。学生の時でも疲れたから、今なら夕食が食えなくなるかも知れない。∞なんて曲なんか、ほとんど冗談の世界だ。短い曲が多く、次から次へと雰囲気が変わるのだが、そこはかとなく地中海の雰囲気が醸し出されていて実に素晴らしい。キーマンのバンゲリス・・というオッサンはやはり天才。Yesに参加しなくて良かったね・・・という感じだ。本アルバムの聞き所は、やはり『エーゲ海』と『Break』というエレガントな名作だろう。特に、前者はロック史に残る名曲に違いない。両曲ともギタリスト(助っ人スタジオミュージシャンらしい・・)がなかなか良い仕事をしているのである。
 私は保有していないが、本アルバムは一家に一枚は保有していた方がユーロ的にも良いなあ・・と勝手に思う。
[PR]
by crossovermiddle | 2013-03-31 12:42 | 音楽全般

Relayer__Yes

b0021712_4202670.jpg 2013年度サッカーJリーグが開幕して既に3節が終了したが、今年J1 に復帰した我が湘南ベルマーレは2分1負の勝ち点2という状況だ。最下位ではないが、ジクジクとストレスが溜まる展開だ。2010年のJ1 復帰時は、横浜在住だったのと仕事のストレスがてんこ盛りだったので、開幕戦から『J1の他強者チームによる公開処刑ショー』状態だったベルマーレの試合を観戦する気力が出ず、一度も平塚に足を運ばなかった(マリノスの試合も駄目)。しかし、今回は平塚市民であるからして、当然シーズンチケットを購入し万全の体制で観戦している。苦しい戦いを何とかしのいでいる印象は強いが、まあ試合になってるし、まがいなりにも勝ち点も取っているし、最下位でもない。・・・J1残留の可能性はまだ十分ある。頑張って欲しいものだ。今週はリーグ戦ではなくてナビスコカップ戦の対大宮戦である。
 さて好評(?)の絶滅危惧種:プログレッシブロック特集を今回も続けたい。超ハイテク英国プログレッシブ・ロックバンドだったイエスのリレイヤーである。以前にも書いたが、私はイエスのアルバムの中ではこのアルバムが一番好きだ。どうしてか?というと、キーボーディストがリック・ウエイクマンではなく、パトリック・モラーツ、ドラムスがビル・ブラッフォードじゃあなくて、アラン・ホワイトだからだ。前者の連中のサウンドはどうも合わない。
アルバムは下記の曲で構成されている。たった、3曲ですね。アップルストアじゃあ、売りにくいよなあ・・。当時は無いけれど・・。

A面
1.錯乱の扉 (21:55)
B面
1.サウンド・チェイサー (9:25)
2.トゥ・ビー・オーヴァー (9:08)

 スピード感のある素晴らしい曲ばかりだ。したがって、アラン・ホワイトのドラミングは実に光るのだ。ビルのドラムが凄い・・という人は多いが、変拍子オタク丸出しのドラミングは生理的に私はNG。Jazz系をベースにしている(・・らしい)アランのドラムスがやはり好みだ。ライブのYesSong でもアランのドラムスが素晴らしい。やはり、ドラムスは『シャキ』としていないとね・・。
 これも前に書いたが、イエスの曲は疲れる。一度聴くと、15年くらいは聴く気が起きない。しかし、リレイヤーの曲は1年に1回くらいは聴きたくなるのだ。・・・でも、人気が無いんだよね、このアルバム。何でかな?やはり、リックとビルは金看板なのだろうなあ・・・。
 本アルバムは一家に一枚は責務ではないだろうが、私はCDを保有している。
[PR]
by crossovermiddle | 2013-03-20 04:47 | 音楽全般

Tarkus__Emerson,Lake&Palmer

b0021712_13463997.jpg 物事をちゃんと進めるためには、『まともなリーダ』と『豊富な経験』っていうのが不可欠ですな。特に、リーダがアホだと話にならん。日本国の前政権政党やらの例もそうだし、私の身近にも沢山惨めな事例がウジャウジャと存在している。リーダという観点について言えば、私は現在音楽バンドのバンマスという種類のリーダの重責(?)を担っている。経験という観点からも、流石にかなりの大中小ライブをこなしてきたので、少しは蓄積できたかなあ・・と思っている。バンマスっていうのは、基本はメンバーのスケジュール管理、スタジオ予約、練習後の二次会の宴会場予約が仕事である。そう言うと身も蓋もないが、平時はそれが仕事である。ところが、人間関係のもつれの修復や、メンバーの離脱の引き留めや、新規メンバーの発掘みたいな作業の必要性が出た場合は結構大変だ。特に、『人間関係のもつれ』はプロもアマも関係ない。結構、揉めるときは悲惨である。幸いにして、私のバンドは皆さんはエクセレントで誠実で温厚で思いやりのある方達ばかりで(エヘヘヘ・・)、人間関係でバンマスが苦労することは皆無(・・・でもない)。とにかく、物事はリーダと経験である。
 さて今回は、フュージョン音楽と並んで絶滅危惧種に指定されているらしい『プログレッシブロック』の名盤を前回同様取り上げたい。ELPのタルカスである。このアルバムは実に素晴らしい。A面はタルカスが、以下のような組曲として収録されている。
1.タルカス - Tarkus
(1)噴火 - Eruption (Emerson)
(2)ストーンズ・オブ・イヤーズ - Stones Of Years (Emerson/Lake)
(3)アイコノクラスト - Iconoclast (Emerson)
(4)ミサ聖祭 - Mass (Emerson/Lake)
(5) マンティコア - Manticore (Emerson)
(6) 戦場 - Battlefield (Lake)
(7) アクアタルカス - Aquatarkus (Emerson
 うーむ。良いなあ。ベースが良いね。日本のネーチャンに人気があったのも許すぞ!!、グレッグ。ドラムも良いね。素晴らしい。連中は練習ってちゃんとやるのかな?バンマスとしては気になる。彼等ぐらいのビッグネームになると、スタジオの予約は不要なんだろうなあ。二次会の予約は必要かな?歌も良い。いやーーーー、傑作ですねえ。
 B面については、最後のAre You Ready Eddy?が実に素晴らしい。他とは全然雰囲気が違う曲だが、それが良いのだ。このアルバムは、一家に一枚は責務である(私は持ってないけれど・・・)。
[PR]
by crossovermiddle | 2013-03-02 14:12 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31