<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0021712_8485693.png  前回のエントリーで言及したキング・クリムゾンのデビューアルバム。前回紹介した『アビーロード』同様、誰もが認める人類史上に残る名盤といえるだろう。こんなアルバムが立て続けに発表されてしまうというのは、当時の大英帝国は一体どんな才能が集まっていたんだ・・と驚くばかりだ。

 大学二年の時に、同じ下宿で知り合った同級生から、このアルバムは初めて紹介された。現在、この男は地方のFM局の偉いさんをやっているのだが、今思えば音楽についてはセンスのある奴だったんだなあ・・・とつくづく思う。

 A面一曲目の『21st Century Schizoid Man 』から度肝を抜かれる。いきなり、リードがSaxである。シャープで手数の多いドラミング。同様に手数の多い、ピック弾き丸出しのグレック・レイクのベース。そして、御大ロバート・フィリップの訳のわからん独特なギターフレーズ。

 プログレッシブロックというカテゴリで当時紹介されているキング・クリムゾンであるが、そんな簡単な括りには当然当てはまらないことは明白だ。

 そして、A面2曲目『I Talk To The Wind』が始まった時の、一曲目との余りにも異なる静寂。この美しさは壮絶だ。しかも、今度はフルートですぜ。これって、ロックなの?って思っちゃうよね。リリカルなエレキギターのハーモニクス。何もかもが美しすぎるぜ。

 A面3曲目は有名曲『Epitaph 』。後にEL&Pに移籍して日本のネーチャンにモテモテだったグレッグ兄ちゃんの素敵なボーカルが印象的だ。これぞプログレッシブ・ロックというドラマチックな構成である。冒頭のギターソロのトーンを出すのは結構難しいのだ。

 この有名曲で特筆すべき事は、あのメロトロンが効果的に利用されていることだ。最近の方は『メロトロンって何?新しいスイーツ?』なんてお茶目な事を言うであろう。違うのよね。メロトロンとは人類史上に燦然と輝く、信じられないようなドンデモ楽器なのだ。詳細はここを見て欲しいのだが、とにかく楽器としての発想が凄い。

 当時、どのくらいの価格だったのか想像もつかないが、今なら数千円のキーボードにも音的には負けちゃうのだろう。でも、このサイトにもあるように、人類の英知を結集(・・・していないか・・)したその心意気は、やはり音楽を感じるのだ。粗製濫造の音楽がはびこり、ミュージシャンの地位も低下し、サウンドとしてつまらなくなった現在の音楽を聴くにつけ、当時は良かったとつくづく思うのである。

 このアルバムが発表されたのは1969年。私が中学1年の時だ。この時期にこんな音楽が生み出されていたとは、実に驚くべき事だ。まさに一家に一枚は責務のアルバムであろう(私は持ってないけど・・)。
 

[PR]
by crossovermiddle | 2013-02-24 09:58 | 音楽全般 | Trackback

Abbey Road__The Beatles

b0021712_1101897.jpg 前回に引き続き、腎臓疾患関連の補足情報である。先日の大学病院の定期検診で、ものの見事に糖尿病を発症していることが判明した。・・と言っても深刻な事態というわけではなく、現在処方しているステロイド系薬剤の副作用によるものだ。

 しかし、担当医によると『インスリン注射レベル』らしく、何らかの対策は講じざるを得ない。そこで、悲しい食事制限の中で一筋の希望の光だった糖分系食材を大幅に減らすこととなった。ご飯類、、芋類、麺類、果物類、スイーツ類ですね。

 これで、制限なく摂取できる食材は緑黄色野菜やキノコ等にほぼ限定されてしまった。・・嬉しいなあ、ハハハ・・・。皆さん、腎臓は本当に大事で厄介な臓器ですぜ・・、大切にしましょう。

 さて今回のテーマは、人類史上に燦然と輝く名盤、ビートルズのアビーロードだ。選定理由は省略。ともかく、誰もが知っているアルバムと言えるだろう。ビートルズは私よりも少し年長の世代の方のアイドルであるが、ある種の社会現象でもあったから、我々年少世代もリアルタイムで色々な曲を好むと好まざるに関わらず覚えてしまった。

 『抱きしめたい』、『ヘイジュード』、『イエスタデイ』等々・・、ビートルズの曲なら良く知ってるもんね・・と私も思っていたのだが、高校一年の時にちょっと右翼かかった同級生に『アビーロード聴いたか?』と言われて『・・・・?』となってしまったのだ。

 考えてみたらそれまでビートルズをアルバムと言うくくりで考えたことがなかったなあ・・・ということで早速聴いてみたのだが、予想と大きく異なる内容でひっくり返ってしまった。

 聴いたことがあったのは、A面1曲目のCome Togetherのみ。A面6曲目のI Want You (She's So Heavy)からB面最後までは、全くビックリ仰天の連続だった。ビートルズって凄いんだなあ・・・と心底思ったのである。特に強烈な印象が残ったのがこの2曲。

 まずは、B面1曲目のHere come the sunだ。印象的なアコギと得体の知れない音が被さったイントロから、なんだかいつもと違うボーカル、そして得体の知れない音が常にまとわりつくサウンド。メロディーはさわやかだが、これがビートルズなのか・・と強い印象を受けた。

 後に、得体の知れない音はムーグ・シンセサイザで、作者は名前も曖昧だったジョージ・ハリスンだったと事を知った。『うーむ。ビートルズは奥が深いぞ・・』と痛感したのである。

 そして、もう1曲目がB面4曲目のSunKing。正直、何だ?これは・・・と思った。バックで虫が鳴いてるし・・。でも、サウンドは信じられないくらい格好良かった。『うーむ・・・』の連続である。

 ビートルズのトータルアルバム的名盤は、サージェント・ペッパーズ・・・と相場が決まっているようだが、個人的にはアビー・ロードの方が遙かに評価は高い。まあ、最後に制作されたアルバムだから、一番ノウハウとアイディアが詰め込まれているのだろう。

 ちなみに、当時の英国のヒットランキングでこのアビー・ロードをトップから引きずり落としたのが、キングクリムゾンのデビューアルバムであるというのも当時の音楽事情を反映していて興味深い。

[PR]
by crossovermiddle | 2013-02-10 13:25 | 音楽全般 | Trackback
b0021712_227353.jpg 私の所属する会社には『本社軽音楽部』というのがあって、毎年この時期にライブを開催している。昨日、そのライブが渋谷のライブハウスで開催され、私のバンドも今回はトップバッターとして(昨年はトリ・・・)出演参加した。

 何せ、親睦が主体の社会人バンド集団であるから、ライブもカテゴリ的には混沌としてしまう。フォーク系、Jロック系、アメリカンロック系、ハードロック系、ライトメタル系、ヘビーメタル系、そして私のバンドのようなJazzFusionポップ系のような訳のわからない系まで盛りだくさんである。

 お客も出たり入ったりで大変である。運営には色々苦労も多いけれど、年に一度の素晴らしいイベントとして出演者、観客共に大いに楽しんだ。

 そこで、今回の演目であった『五番街のマリー』と同じペドロ&カプリシャスの大ヒット曲『ジョニーへの伝言』が今回のテーマ。確か、シングルレコードとしては2枚目の購入で、購入時期は1975年頃。阿久悠氏(作詞)と都倉俊一氏(作曲)の、当時のゴールデンコンビの作品で実に素晴らしい曲だ。

 詞もさることながら、メロディーのエレガントさは、さすが『都倉俊一』という感じである。彼と筒美京平氏は、私に取っては特別な作曲家である。前述の『五番街のマリー』も同じコンビの作なので曲の系譜は良く似ているが、じっくり聞くとコンセプトが違う。

 同じ年に発売された曲同士だが、次曲の『・・・マリー』は明らかに、二匹目のドジョウを狙っていますね・・。演奏は『マリー・・・』の方が、やりやすい・・・。でも、個人的には『ジョニーへの伝言』が好きだ。ペドロ&カプリシャスは今も地道に活動している相当な長寿バンドであり、素朴に尊敬してしまう。

 前野曜子氏を初代ボーカリストに据えて大ヒットした『別れの朝』も良かったなあ。あれから、40年・・・。

 さて本日は、別の話題をもう一つ。過日、私の苦難の入院についてレポートしたが、その後の経過は芳しくない。さすがにこれは私の同世代の皆さんの参考になりそうなので、状況をレポートしたいと思う。

 昨年11月に、直径1.2mmの採取針を腎臓に6カ所も突き刺し、その後18時間の地獄を耐え抜いて採取した腎臓組織を、大学病院の精鋭スタッフが検査した結果、私の病状は下記と決定した。

 聞いたこともないし、どんな病気だか良くわかりませんね・・・と言ったところだ。ただ、どうやら私が想像していたよりは、少々やっかいな病気であることは認識した。『治したかったら、これをやってね』と、担当医師から申し渡されたのは下記。

(1) ステロイド系の薬剤(+その副作用を抑える薬剤)を、毎日ちゃんと処方すること
(2) 蛋白質を40g/1日前後にコントロールすること(多くても少なくともダメ)。
(3) 食塩を3g/1日前後にコントロールすること。
(4) ストレスを極力減らすこと。 → これは無理。
(5) 運動を控えること。 → 通勤は座ること。ゴルフは尿蛋白値が±0になるまで厳禁。

 ・・・・、人生半分終わった・・という感じの禁欲生活である。薬は予想通り、副作用が強い。また、食事制限はかなり深刻で、基本的には外食は苦しい。なにせ、一説によると『吉野家の牛丼セット一食で10g超の食塩』だそーである。

 ラーメンを汁まで飲むと、やはり10g超。味噌汁も塩分が多いので厳禁。蛋白質もコントロールされるので、肉類、魚類は相当減らさざるを得ない。大好きな、にぎり寿司は食塩と蛋白質のダブルパンチで駄目。私の好みのメニューはほぼ全滅状態だ。

 限りなく精進料理の世界に近い。3ヶ月弱経過して、かなり慣れてきたとはいえ、全く悲しい状況だ。

 また予想外だったのが、ゴルフ厳禁。担当医が、『普段運動やりますか?』と聞くので、『もちろん。これからは治療のために適度な運動に励みまーす』と表明したところ、『運動、全面禁止ね』と言われてしまった。狼狽しつつ、『まさか、ゴルフはダメじゃないでしょうね?』と聞くと、あっさり『厳禁ね』と言う。

 これまた、ガックリである。良くわからんが、どうやらゴルフは腎臓疾患や高血圧にはかなり良くないらしい。特に、私のようなヘタクソは1ランドで血圧が乱高下する局面を多く招く(OB等)ため、余計良くないらしい。

 食事もダメ、ゴルフもダメ、ストレスもダメ、そして副作用が強いくせに極めてまずい薬を朝晩10錠以上処方する・・・生活。これが、2013年度の私の現状である。情けないなあ・・・。皆さんも、是非とも健康の管理には御留意いただきたいものである。

   

[PR]
by crossovermiddle | 2013-02-03 23:10 | 音楽全般 | Trackback

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28