<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

b0021712_9493036.jpg 先日知人から再び本ブログの画像にクレームがついた。前回のクレームはチャーミング画像だったが、今度はスキンである。彼の言い分はこうだ。『今冬は例年になく寒さ厳しい冬なのに、何故正月から夏モード全開なのだ?訳がわかんない』。うーむ。言われてみるとそうだな。きれいなスキンだったから、余り深く考えて使わなかった。これは、一本取られたな。すまんかった。
 さて前述のように、世の中何には色々な価値観があって実に面白い。私は、『2ちゃんねる』のこれを良く閲覧するのだが、世相を反映した実にタイムリーな意見ばかりで実に楽しい。『2ちゃんねる』と言うと、ネガティブな印象が強いが、私は大好きである。特に、ここに書き込みをしている一部の『ちゃねらー』と呼ばれる投稿者の天才的なセンスには驚くばかりである。私には逆立ちしてもまねが出来ない。いやー、大したものだ。
 さて今回紹介するのは、1970年代後半のカリスマギタリストの一人である竹田和夫氏のソロアルバム。購入は発売と同じ1978年。ブルースロックグループ『クリエイション』のギタリストとして一世を風靡していた彼が、何をトチ狂ったのかわからないがモロJAZZに挑戦したアルバムである。いくら死ぬほどギターが上手いっていったって、ロックギタリストがやるJAZZだからモロにロック・フュージョンなんだろな・・と思って購入したのだが、予想に反してモロにJAZZなのである。当然、バックサウンドはフュージョンなのであるが、竹田氏のギターがモロにJAZZなのだ。これには驚いた。しかも、聴けば聴くほど良いのである。うーむ・・と思い、これはJAZZもやらないといかん!!と触発された一枚なのだ。
 当然ファンの間でも評価が分かれたのだが、当時の人気ドラマ『ムー一族(懐かしいな)』のテーマとして大ヒットした『暗闇のレオ』などを聴くと実にファンキーでしっかりとしたギター演奏が聴ける。個人的には一家に一枚をお勧めしたいアルバムである。
[PR]
by crossovermiddle | 2010-01-24 10:16 | 音楽全般
b0021712_22132931.jpg 新年おめでとうございます。世界も日本も私もドタバタと何が何だかわからない状況だが、2010年はどのような年になるのだろう?ヤケクソ気味ではあるが実に楽しみだ。
 さて、 昨年の年初に『歴代最高の歌唱力アイドル』の一枚を紹介したが、今回は『歴代最低の歌唱力アイドル』の一枚を紹介したい。あさかまゆみさんの虹色の夢である。購入(もしくは奪取)時期は1978年頃。あさかまゆみと言われても、『?』となる方が多いと思うが、後に芸名を『朝加真由美』に変えて中堅女優として成功した女性アイドルである。これなら、知っている人もいるでしょ?添付のレコードジャケットの写真からもわかるように相当な美形である。私は密かに彼女の熱烈なファンだったのだ。年は彼女が一つ上なので、『優しそうな美人のお姉様』としてあこがれていたのだ。やはり、同じアイドルでも年上と年下ではファンとしての取り組み方が大きく異なる。その意味では、過去に御紹介した、大場久美子林寛子石野真子のお三方とは思い入れが違う。やはり、お姉様というのは良いなあ。
 ・・・とまあ、非常に素敵な女性だったのだが、肝心のレコードでの歌唱は破壊的な凄まじさである。文章ではとても表現できない。まともな音感の方なら、目が点になるだろう。通常のスタジオ録音のレコードは、様々なスタジオテクニックでクオリティを維持するのだが、そのような最大限の措置を講じたはずなのに、驚くべきヒドサである。個人的には、歴代アイドルの中で最も低レベルの歌唱力の持ち主は彼女であると断言する。彼女と比較すると、大場久美子ちゃんの歌ですら相当まともである。しかし、あさかまゆみさんは超美形で、お姉様だから許すのである。アイドル道は実に奥が深い。
[PR]
by crossovermiddle | 2010-01-08 22:47 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31