<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Seiko・fragrance__松田聖子

b0021712_21483375.gif 日本歌謡界の奇跡である松田聖子のデビュー間もない頃のベストアルバムである。購入は社会人1年目の1981年。曲目は下記の通り。
A面:
(1)裸足の季節
(2)SQUALL
(3)TRUE LOVE~そっとくちづけて~
(4)青い珊瑚礁
(5)Sailing
(6)あ・な・たの手紙
(7)夏の扉
B面:
(1)白いパラソル
(2)Only My Love
(3)チェリーブラッサム
(4)花時計咲いた
(5)Eighteen
(6)風は秋色
(7)花一色~野菊のささやき~
 この段階のベストアルバムとしては非の打ちどころのない選曲である。前回紹介したシカゴもそうだが、初期のベストアルバムはとても良い選曲になることが多いと思う。特に、素晴らしいのは A-(4)、(7) Bー(3)、(5)、(6)であろう。特に、A-(5)の『Eighteen』は当時の彼女の魅力が凝縮した素晴らしい曲である。
 この頃の歌謡界を席巻していた彼女であるが、どうしてあんなに人気があったのかが良くわからない。私個人としては彼女は全く好みではないのであるが(理由はおわかりだと思うが・・)、どういう訳だかこのレコードは購入してしまっているし、それなりに評価もしているのだ。歌がとりわけ上手いわけでもなく、容姿が群を抜いているわけでもなく、巨乳でもない彼女が多くの支持を得たのはやはり、彼女のブレーンの戦略によるところが大なのだろうなあ。
 つまり、歌手としてのアドバンテージのなさを、徹底的に楽曲のクオリティを上げることで払拭したのである。とにかく、彼女の曲はクオリティが高い。最高のスタッフが担当しているからだ。私が肩入れしていた大場久美子等の70年代アイドルの販売戦略とは明らかに一線を画しており、ある意味では非常に新鮮な売り出し方だったと思う。
 とは言え、申し訳ないけれど彼女個人には未だに魅力を感じたことはない。女性の好みというのは難しいものだ。
[PR]
by crossovermiddle | 2008-02-23 22:05 | 音楽全般

The Great Chicago__Chicago

b0021712_2315040.jpg 2月に入ってから寒さが厳しい。全く嫌になるほどである。二男の大学合格の吉報を待っているのだが、今のところ玉砕状態である。このままでは、兄弟揃って浪人の気配が濃い。
 ・・・とまあ、人生は色々あるのだが、今は引っ越しが最大のテーマだ。光oneも契約するし、ゴルフ練習場も近くなるし、何より通勤、通学が楽だ。あー早く引っ越ししたいぞ。
 そのような前向きな意識の中で、紹介するのはシカゴのアルバムである。「またシカゴか・・」と言われそうだが、ご容赦願いたい。アルバム名は「栄光のシカゴ」。1971年の彼らの来日に合わせた日本オリジナルアルバムである。購入は1973年。とにかく、日本オリジナルということで、発売に関してはCBSソニーはかなり苦労したようだ。私が初めて購入した彼らのアルバムでもある。曲目は以下の通り。
A面
1 イントロダクション
2 一体現実を把握している者はいるだろうか?
3 クェスチョンズ67/68
4 アイム・ア・マン
5 1968年8月29日シカゴ、民主党大会
6 流血の日(1968年8月29日)
B面
1 ぼくらの詩
2 ぼくらに微笑を
3 長い夜
4 フライト・ナンバー602
5 自由になりたい
6 ロウダウン
 なんとも素晴らしい選曲であった。企画者は相当なシカゴファンと推測する。このアルバムはシカゴファンを増加させるのに大いに役立ったと思う。実に懐かしい。
 ところで、今夜のサッカー日本代表の試合は久しぶりにストレスが溜まった。まあ、あの面子ではあの程度かもしれないが、サッカーのガチンコマッチは実に厳しい。今後は私も日産スタジアムの近傍に住むわけであるから、マリノスのサポータとして精進せねばなるまい。さらば、ベルマーレ。
[PR]
by crossovermiddle | 2008-02-17 23:36 | 音楽全般

Atom Heart Mother__Pink Floyd

b0021712_22451879.jpg 関東全域が久し振りの雪で大騒ぎである。昨日までの晴天が嘘のようだ。昨日は引っ越しの契約をついに交わしてしまった。いよいよ、3月8日で長年住み慣れたこの町ともお別れである。思えば20年間居座った訳だから、思い出も一杯だ。本当は一生住みたいくらい良い町なのに・・・。シクシク・・・・。3月からは『恋の町 横浜』の市民となるのだ。どうなることやら・・。
 と言うことで、引っ越し先のオーナさんのお気に入りの一枚。ピンクフロイドの傑作アルバム『原始心母』である。購入は、1983年頃。
 印象的なアルバムジャケットで有名であるが、プログレッシブロックの流れに多大な影響を与えた超名盤と言えよう。曲は以下の通り。
a-1.Atom Heart Mother
 ・Father's Shout
 ・Breast Milky
 ・Mother Fore
 ・Funky Dung
 ・Mind Your Throats Please
 ・Remergence
b-1.If
b-2.Summer 68'
b-3.Fat Old Sun
b-4.Alan's Psychederic Breakfast
 ・Rise And Shine
 ・Sunny Side Up
 ・Morning Glory
 懐かしい曲目だなあ。実に味わい深い。ちなみに、邦題は凄い。
 録音はあのアビーロードスタジオで行われたらしい。しかし、40年近くも前にこのようなアルバムが制作されたとは驚きである。これも、一家に一枚が責務であろう。
[PR]
by crossovermiddle | 2008-02-03 22:58 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30