<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Stuff_Stuff

b0021712_20431733.jpg 引っ越ししようと考えている。時期は来年の3月頃。引っ越しの理由は、現在の場所が余りにも都心から遠いからだ。現在、私が赤坂本社への通勤に2H弱(片道)、長男が都内の大学への通学に2H強(当然片道)、そして来年二男が長男と同じ大学に合格したら(浪人しても所詮有名予備校は都内にある)、3人合計で12Hもの時間を通勤・通学に消費することになるのだ。これで良いのだろうかと誰もが考えるだろう。
 私は既にバテバテである。長男もさすがに最近ウンザリしてきたようだ。これは何とかしなければなるまい。幸いにして、私には『未だに借家である』という素晴らしい条件があるのだ。これまで、親戚連中から『・・・いい年をして未だに家を建てられない唯一の甲斐性なし』と蔑まされてきた訳だが、この際にこの『自由度』を大いに活用するのだあ・・・。・・・と思わず力が入ってしまうのである。とにかく、今更家を買うつもりは更々ないので、今度も借家である。
 ・・と言うことで、ここ数ヶ月嫁さんと綿密な調査活動を実施した。条件は、以下の通りである。子供が既に大きいので、学校選び等で悩まなくて良いのは実に楽である。
(1)通勤・通学は1H以内であること
(2)現行の賃貸料金より20%以上高くならないこと
(3)現行より著しく居住環境が低下しないこと(部屋数や、静粛性等)
(4)ゴルフ練習場が近傍にあること(これが重要である)
 以上の条件を満たす物件を保有している地域はそれ程多くはない。現状の第一候補は東横線沿線の『妙蓮寺』である。そろそろ具体的な活動に着手せねばなるまい。
 さて、久し振りに愚痴ではなく前向きな話で始まった今回紹介するのは、1970年代のフュージョンシーンに衝撃を与えた一枚。スタッフの『スタッフ』である。購入は1976年頃。
 とにかく、このグループが突如出現した時は大変な騒ぎだった。当時としては、聞いたことのないリズムとセンスのサウンドで独特のグルーブがある、超ハイテクスタジオミュージシャンバンドだった。
 ということで、久し振りに聞いたわけだが、A面2曲目の『いとしの貴女 』は相変わらず素晴らしい。リチャード・ティーのエレピが何とも言えないぞ。うーむ。ということで、絶賛したいところなのだが、全曲聞いて疲れた。つまらないのである。
 30年前の『衝撃のサウンド』は今となっては、かったるいエリック・ゲイルのオッサンのギターが不愉快なダサダササウンドである。何なんだ?これは?
 どうも、フュージョンサウンドと言うのは、賞味期限があるようだなあ。
[PR]
by crossovermiddle | 2007-10-27 21:06 | 音楽全般
b0021712_20403961.jpg 随分投稿がご無沙汰となってしまった。前回が七夕だから、既に3ヶ月も更新無しである。一部の熱狂的な読者から(そんな人はいないか・・)、叱咤激励の御連絡をいただくのだが、はっきり言っておちゃらけ低俗Blogを書いていられるような状況ではなかったのだ。
 とにもかくにも、全てのアンラッキーが私の周辺にうごめいているような錯覚に陥る程、酷い状況であった。おかげで、お盆休みの前は体調を崩し4日もダウンしてしまった。楽しみにしていた、盆休みゴルフは全てパーである。その後も、御客様にご迷惑をおかけしながら、ヒーヒー言って仕事をしている訳だが、最近は肝臓治療用の薬を服用しているせいか、全く食欲がない。
 これまで、大好きだったケーキ系菓子群、焼き肉・唐揚げ系高カロリーつまみ群、えびせん系スナック群を見るのも嫌になってしまっている。今、最も愛している食材はジャガイモである。とにかく、食わなくなった。そのおかげで、この2ヶ月で実に8kgも体重が低下してしまった。ひよっとすると、この肝臓治療薬は画期的なダイエット薬なのではないのか?と密かに考えているのである。
 とまあ、グダグダと過ごしているうちに楽しかった夏もあっという間に終わり、既に秋も深まりつつある。家で飼育している「カンタン」は毎夜鳴いている(はっきり言ってうるさいが・・。)。早いものだ月日が経つのは・・・。まさか、総理大臣が替わるとは思わなかったが・・。
 うーむ。今日は、久し振りに筆が進むぞ。・・・と言うことで、久し振りの投稿は私の故郷が生んだ70年代のスーパアイドルデュオ ザ・リリーズのデビューアルバムである。購入は定かではないが、どうも1976年頃だと推測する。
 この、ザ・リリーズというアイドルディオは、爽やかな印象で当時人気があった。結構、歌も上手いし・・。まあ、50才以上のオヤジなら一度は「・・・好きよ、好きよ キャプテン・・」というしょうもない歌詞を耳にしたことがあるだろう。
 まさに、典型的なアイドル歌謡アルバムなのだが、ひさしぶりに聞いたが結構良かった。特に、デビュー曲の「水色のときめき」を聞いたときは思わず感動してしまった。うーむ。うーむ。
 もうすぐ、51才になろうとしている中間管理職のオヤジが、「・・・ふいに愛を告げられたの・・」とかいう歌詞で感動してしまうのだから、何だか情け無くなってきた。心が疲れているのだろうなあ。
[PR]
by crossovermiddle | 2007-10-13 20:42 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31