<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Burn__Deep Purple

b0021712_10283868.jpg 木曜日から左下の奥歯が大変なことになっており、激痛でまともな生活が営めない状況だ。痛みで眠れない。熱も出た。人生最大の「歯痛」と言っても過言ではない。木曜日、金曜日、先程と3日連続の歯医者通いだ。どうやら、私のオヤシラズが特殊な状況になっているらしく、なじみの歯科医曰く「こりゃ、抜くのがベストだね。でも、このようなケースは私は抜く自信がない。咽頭外科を紹介するから」などというような恐ろしいことを言うのである。何とか、抜歯は勘弁してもらうように交渉して、ひとまず神経殺すみたいな処置をしているのだが、これが死ぬほど痛い。昨夜は余りの痛さで失神しそうになった程である。冷たい水を口に含むと痛みが収まる。しかし、水の冷却効果が薄れると、激痛が再びぶり返す。そこで、水を口に含む。これの繰り返しである。眠ることは不可能だ。くそー。死にそうだぞ。何なんだこれは!!!!今も痛い。歯痛の「ツボ」も色々試したが全く効果がないのだ。
 ・・・・と言うことで、痛みを忘れるために記事を書こうと思うのだが、やっぱり痛い。さて今回、ヤケクソ気分で紹介するのはディープ・パープルの「紫の炎」である。購入は余り記憶がないが、1980年頃。A面一曲目のタイトル曲はディープ・パープル全曲中、最も格好の良いナンバーではないだろうか?実は、私はこの曲のギター完全コピーを敢行したのである。正直言って、この作業は非常に難しい。ギタリストのリッチー・ブラックモアはギターの速弾きが得意技であるが、これをソロの中で独特のテンポで展開するものだから、コピーはかなり厄介だ。しかも、チョーキングやアーミングの小技が多彩で、演奏中のパラメータをコントロールするのが非常に難しい。演奏中は一瞬たりとも気を抜けないのだ。したがって、歯痛のような状況では演奏できる代物ではないのである。以前に完コピーした「ハイウエイスター」の方が遙かに簡単である。
 やはり、この曲はメンバー変更等で窮地に追い込まれたディープ・パープルが根性を入れて制作したものなのだろう。息子の高校の軽音部の連中にも是非演奏してもらいたい一曲である。
[PR]
by crossovermiddle | 2007-05-26 10:55 | 音楽全般 | Trackback

Bye Bye Baby__Bay City Rollers

b0021712_23371518.jpg 好調に記事のアップが続いている。もう、ヤケクソである。しかし唐突であるが、英語力は本当に重要だなあ・・と痛切に感じるこの頃だ。毎日、隣席のパキスタン人から(親子ほども年が離れているのに)、いつも私のヘタクソ英語に対して教育的な指導を受けてしまう。本日も、クライアント土下座行脚の帰りに立ち寄ったインディアンレストランで御高説を賜ってしまった。しかし、イスラム圏のエリート達は超強力である。IQは私の2倍はあるのではないだろうか?と思われるほどの頭の切れである(・・お前の2倍程度じゃ大したことないとも言われそうだが・・)。仲良くしておかねばなるまい。
 ・・と遠くを見つめつつ、今回紹介する一枚はベイ・シティ・ローラーズの大ヒット曲「バイ・バイ・ベイビー」だ。いやー、実に良い曲である。購入時期は全く不明。多分、1979年頃だろう。中古シングルだったので、もらったのかも知れないが・・。
 ベイ・シティー・ローラーズは、1970年代の後半に爆発的な人気を博した英国のアイドルバンドである。日本では最初、第二のビートルズのような紹介のされ方をしたが、あっという間にミーハーバンドに成り下がってしまった。まあ、実際にビートルズのようにサウンドで勝負するグループでは無かったのかも知れないが、当時の日本のネーチャンの熱狂ぶりは異常だったせいもあって、一気にコアなロックフアンが離れてしまった。
 しかし、今回紹介するこの「バイ・バイ・ベイビー」のように、実に優れたポップスを発表しているのである。特に、個人的にはギターのエリック・何とか氏に非常に注目していた。驚くべき事に、彼はギターの弦に触れないで演奏するのである。なんとも凄いことではないだろうか?野呂師匠、和田師匠も真っ青である。・・・と言うような、ジョークで語られるグループだった。
 彼等の歴史を紹介しているウエブサイトを閲覧してみると、えらい面白い歴史を歩んでいるのだなあ・・と感心してしまった。さすが、一世を風靡した人達は大したものである。
[PR]
by crossovermiddle | 2007-05-12 00:34 | 音楽全般 | Trackback

Sun Sun__Casiopea

b0021712_2026592.gif GW5日目である。暇なので、昨日に引き続きの投稿である。本日は久し振りにカシオペアだ。・・・・と思い、これまた久し振りに彼等のオフィシャルサイトを閲覧したところ、驚くような事態になっているではないか!!!!!
   ありゃりゃ・・・。何が起きたのやら。日付を見ると昨年の8月からだから、既にかなりの時間が経過している。うーむ。うーむ。うーむ。全く知らなかったぞ。
何だか投げやりな文面を見ると、結構モメたのではないだろうか?いやはや、驚きだ。こんな重要な事態を今まで知らなかったとはとてもファンとは言えないなあ・・。それにしても、野呂師匠はどうしてしまったのか?音楽的な行き詰まりなのだろうか・・・。うーむ。うーむ。同い年のオヤジとしては考えさせられるのだ。
 と言うことで、ガックリと力が抜けた今回であるが、一応アルバムを紹介しよう。購入は1986年。A面の1曲目の「Conjunction」はとてもスピーディな名曲。演奏するのは難しいだろうなあ。その他の曲もなかなか渋い出来であるが、何せ驚愕の事実を前にコメントが思い浮かばない。うーむ。
 これは何かのたたりかも知れない。・・と言うことで、スキンも変更することにしたい。やれやれ・・・。
[PR]
by crossovermiddle | 2007-05-04 20:43 | 音楽全般 | Trackback

日暮れどき__林寛子

b0021712_1453916.jpg 先日の3連休と今回の4連休で頭がボーっとしているのだが、最終日の憂鬱がすでに始まっているというのは実に素晴らしいことであろう。
 さて今回は、70年代を代表するスーパーアイドル歌手であった林寛子のデビューアルバム。購入は1976年頃。余り定かではないが、大学2年の時に経験したダイオード検査アルバイトの収入で購入した記憶がある。この時のアルバイトでは大変な失敗をしたのだが・・。・・まあ、そんな事はいいか。当時は実に素晴らしい時代で、数々のスーパアイドルが生まれた時期だ。その中でも、群を抜いた美貌と歌唱力と演技力を兼ね備えていたのが彼女だ。まさに、スーパーなアイドルであった(・・と個人的には思う)。
 さて、問題の林寛子のアルバムである。以前にここで彼女のアルバムを紹介した訳であるが、今も何かにつけて注目しているのだが、余りテレビ等に登場しないので寂しい限りだ。当時、私が彼女の他に肩入れしていた、大場久美子、石野真子のお二方は良く見るのだが、寛子ちゃんはとんとごぶさたである。何か問題があるのだろうか? 想像するに、彼女の現在の風貌がアイドル時代とコンセプトが大きく変化してしまったため、マスコミサイドでも取り上げにくいのだろうか。個人的には現在の風貌も実に熟熟していて気に入っているのだ。今も、若々しくて実に素晴らしい。
 さて、肝心の本アルバムであるが、残念ながら特に語るべき点はない。全体に暗めの作品が多く、今日久し振りに聞いたが、予想通り暗くなった。個人的に評価出来る点は、最後の寛子ちゃんの「ナレーション」がゾクゾクするくらい可愛い・・ことくらいだろう。
[PR]
by crossovermiddle | 2007-05-03 15:18 | 音楽全般 | Trackback(1)

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31