<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Chicago-13__Chicago

b0021712_20404988.jpg 昨日、埼玉県某所のゴルフ場で50才の誕生日を迎えた。これからは50才代のオヤジとして生きてゆくわけだ。これまでの40才代とはイメージが天と地ほども違う。これは参った。本日二男から、「50才?冗談だよね?」と言われた。何が冗談なのか知らないが、息子もショックなのだろう。ところで50才は中年なのだろうか?まさか高年ではあるまいな。ともあれ、50年とは結構長い時間である。10倍すると500年だ。500年前は1506年であり、有名な戦国時代までさかのぼってしまうのである。これはすごい。
 とまあ、50才にもなってこんなアホなブログを書いているのも気が引けるが、まあしょうがないのだろうなあ。よし、スキンを 変えることにするぞ。そして50代最初のエントリーはやはりシカゴしかあるまい。彼等の13枚目の作品で、アルバム名もそのままの「シカゴ-13」。購入は1979年。言わずと知れた彼等の失敗作である。ギタリストのテリー・キャスの死亡事故から歯車が狂い出した彼等のパフォーマンスは本作でも迷走し、賛否両論を巻き起こす。特に、A面1曲目、B面2曲目は典型的なディスコ曲で、前アルバムのディスコ”調”の曲とは比べものにもならないくらい「モロディスコ」である。ライナーノーツにはメンバーの「言い訳」ぽい談話がもっともしく記述されており、個人的には「ここまで徹底すれば、まあ、ええか・・」と思ったのだが、本家USのこだわりフアンは猛烈に失望したらしくセールス的には散々だったようだ。この後遺症は次作の「シカゴ-14」にも引き継がれ、こちらも更にセールス的に大失敗だった。米国を代表する国民的バンドの座を射止め、飛ぶ鳥を落とす勢いだったあのシカゴがあっという間に落ちぶれてしまうのだから、フアンとしてもオロオロするばかりだった。結局、このアルバムは私が購入した最後のシカゴのアルバムとなった。
 シカゴはこの後に低迷をしばらく続け、16作目の「シカゴ-16」の歴史的名曲「素直になれなくて」で再び復活するのだが、このころのシカゴはすでに私にとっては別のバンドであった。
[PR]
by crossovermiddle | 2006-11-25 21:14 | 音楽全般 | Trackback
b0021712_19393340.jpg 今年に入って苦労が絶えないが、ここ数週間のツキから見放された有様は筆舌に尽くし難い。誰かが私を監視して、次々に障害の種をぶつけているとしか思えない。いずれ、引き出しの中から大名行列が見えるようになるのだろうか(何だか精神異常者のような気分だ)?そのような状況の中、気がついたらもうすぐ師走である。時が過ぎ去るのは早い。来年は良いことがあるのだろうか?・・・と遠くを見つめながら考えていたところ、私の永遠のマドンナである藤原紀香様の結婚騒ぎである。何だか全身の力が抜けるようなニュースだった。やれやれ・・・。
 気分的に落ち込む時は爽やかなサウンドを聴くことが改善に効果的だが、そういうことで今回は神崎オン・ザ・ロードの3枚目のアルバム。購入は1981年。神崎オン・ザ・ロードと言っても多分誰も知らないだろうが、当時はそれなりに人気のあったフュージョンバンドだ。ギタリストの一人は天野清継である。リーダの神崎ひさあきのサキソホンを中心に個性の異なる2人のギタリストが彩りを添える実に爽やかなサウンドが特徴だ。久しぶりに聴いたが、余りに爽やかで嬉しくなった。
 ライナーノーツによると、凄腕ミュージシャン集団には珍しく「スタジオワーク的な金儲け仕事は受けない」ことが当時の方針だったようだ。しかし、どうやらこの方針は裏目に出たようでこのグループはやがて消えてしまうのだ。やはり、志の高さも中庸が良いのだろうなあ。
[PR]
by crossovermiddle | 2006-11-18 19:54 | 音楽全般 | Trackback
b0021712_1630121.jpg我が神奈川県が生んだスーパーバンド Tube の大ヒットシングル。購入は1986年。嫁さんが勤務していた会社の製品CMに使われたことで記念に購入した。そのような事情がなかったとしても、十分購入に値する名曲である。メンバーの作曲だとずっと思っていたのだが、調べたところ織田哲郎氏の作曲であった。どうりで波長が合うはずである。私は織田哲郎氏の曲が大好きなのだ。この人は天才的なメロディーメーカですね。素晴らしい。
 Tubeの曲でまともに知っているのはこの曲だけである。このグループのボーカリストが私の大好きな飯島直子嬢と結婚したのが気に入らなく敬遠していたせいもある(ガキみたいだな)。また、Tubeのギタリストは知る人ぞ知る存在である。非常にギターが上手いのだ。とにかく、話題が多く、良くわからないグループである。
[PR]
by crossovermiddle | 2006-11-11 16:43 | 音楽全般 | Trackback

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30