<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

In The Slot__Tower Of Power

b0021712_17335317.jpg 冥王星が惑星でなくなるらしい。まあ、冥王星が惑星でなくなっても私の人生は変わりはないのだが、かつて天文少年だった私にとっては久しぶりの興味深いニュースである。ともあれ、あれだけ他の8つの惑星とスペックが異なると『降格』も無理もないのだろう。冥王星は米国の天文学者が発見した唯一の惑星だったので、米国得意のゴリ押しで何とか惑星にとどまる・・・との推測もあったが、あっさりと惑星の権利を剥奪されてしまった。政治の世界と違って、科学の世界はさすがに合理的なものだと感心した次第。
 さて本日はその米国が生んだ世界最高のファンクバンドだったTOPの一枚。『またTOPか・・』といわれそうだが、まあそうなのだ。購入は1975年。本アルバム発表時のメンバーはほぼ黄金メンバーだ。前作では抜けてしまった超天才ドラマーのDavid Garibaldiが戻ってきている。ただし、ボーカルがHubert Tubbsというオッサンに変更になっている。
 さて肝心のサウンドであるが、『よくもまあ・・こんだけ複雑にできるもんだ・・・』と思われる複雑さである。複雑なのは興味深いのだが、『過ぎたるは及ばざるが如し』の例えとおり、少々うんざりする内容である。サウンド的にはチャレンジングな内容なのだろうが、どうもピンと来ない曲も多い。とくに、以下の点が気に入らない。
1.アコースティックピアノが多用され、ハモンドオルガンが余り登場しない
2.彼らの特徴であるオークランドストローク的なベースラインが余りない
 上記1,2は私にとってはTOPそのものなので、違和感があるだ。その影響かどうか知らないが、ギターもなんとなく冴えない。
 複雑なリズムと洗練されたトーンで明らかに完成度は向上したのだろうが、バンドとしてのパワーと泥臭さ、そして肝心の『TOPらしさ』が余り感じられない一枚である。とは言え、演奏は本当に世界最高のファンクバンドの名に恥じない素晴らしいものだ。まさに賛否両論分かれるアルバムといえよう。
[PR]
by crossovermiddle | 2006-08-27 17:40 | 音楽全般

Baby I'm-A Want You__Bread

b0021712_11261390.gif 盆休みでダラダラ過ごしていると、社会復帰できないような気がしてくる。昨日は東京は停電で、今日は首相のパフォーマンスで大騒ぎだ。空もどんより曇っていて、なんとなく気分が冴えない。
 ということで、今日は爽やかな一枚。ソフト・ロックの雄ブレッドの大ヒットアルバムである。アルバム曲の『愛の別れ道』は日本でも結構ヒットした曲だ。購入は多少後の1978年(本アルバム発表は1972年)。ブレッドは本当に素晴らしいバンドだ。サウンドメーカとしての力量はビートルズにも匹敵すると言われていた。ヒット曲も多く、『ギターマン』『二人の架け橋』『イフ』『灰色の朝』等々。特に、『イフ』は日本では人気が高い。最近、日本ではこのブレッドのような良質のメロディーで勝負するバンドが少なくて困る。昔は良かった。
 ブレッドの曲は上記のヒット曲ようなメロディアスな曲とビートの効いたロックと2種類に分けられている。昔から、この2種類の落差に違和感を感じていたのだが、情報によると作曲者を交代しながら曲を発表していたようだ。当然、ヒットしたのは前者が圧倒的に多いのだが・・・。余り、成功に執着していなかったのか?面白いバンドである。
 本アルバムの代表曲『愛の別れ道』は高校1年の頃に日本でヒットした。なかなか、思い出深い曲である。1970年~1973年頃は個人的には優れた楽曲が次々に発表されたとても印象に残る期間である。この期間にさまざまな楽曲に触れて感性を磨いた50歳前後のオヤジはきっと立派な人物になっているはずである。冗談はさておき、暇なので、この頃感銘を受けた曲を下記に列記する。うーむ。懐かしい。

☆愛の設計 ☆二人のフィーリング ☆イージ・カム・イージ・ゴー ☆雨に濡れても ☆恋の炎 ☆トレイシー ☆涙のフィーリング ☆イエローリバー ☆ラブポーションナンバーナイン ☆ミスターマンディ ☆コンドルは飛んでゆく ☆魔法 ☆夜明けのヒッチハイク ☆シェリーにくちずけ ☆いとしのペチューラ ☆ルッキンアウトマイ・バック・ドアー ☆二人のハーモニー ☆ノータイム ・・・・まだまだあるが疲れた。

 ダラダラした終戦記念日の午後を、過去の歴史を思い起こしながら聴くのには最適なアルバムであると言えよう。
[PR]
by crossovermiddle | 2006-08-15 11:51 | 音楽全般

To Chi Ka__渡辺香津美

b0021712_1573943.gif 日本最高のギタリストの一人である渡辺香津美氏のほぼ全盛期の一枚。購入は発表と同時の1980年。KYLYNプロジェクトやYMOなど、当時の最先端のサウンドにはほどんど彼が絡んでいたといっても良い。抜群のギターテクニックがあり、(多分)人柄も良く、ルックスもまあまあ、そしてとにかく存在感がある彼を時代が要求したのは当然だろう。
 本アルバムは、YMOで名を上げた直後にアメリカの優秀ミュージシャンと製作した傑作アルバムである。単体の曲としては彼の最大ヒット曲である『ユニコーン』を収めたヒット作である。この曲は日立だったかデンオンだったかのオーディオ製品のCFに採用されて当時よくフラッシュが流れていたのでご記憶の方も多いと思う。
 とにかく、(彼にしては珍しく)全体的に優れたメロディーの曲が網羅されている。Eギター・フュージョンというカテゴリではほぼ完璧といった内容である。日本一ギターが上手いのに、通常は余りバリバリと弾かない同氏であるが、本アルバムでは結構弾き倒しているのが好感をもてる。
 先ほど『人柄』の話を書いたが、渡辺氏は本当に良い人のようだ。カシオペアの野呂氏も渡辺氏のことを心底尊敬しているようで、以前に見たジョイントコンサートでは『3歩下がって師の影踏まず』状態だった。天下の野呂氏に尊敬されるのだから凄いよな。だいたい、ギタリストという人種は少々変なのが多く、どちらかというと礼儀知らずの人種だと思うのだが、超一流の世界ではそれなりの格式があるのだろうなあ。私から見ると野呂氏のギターテクニックなどは人知を超えたレベルだが、その野呂氏が『渡辺さんには勉強させてもらっています』となるのだから、どれだけ凄いレベルなのか想像もつかない。どんな世界にも上には上がいるものである。
[PR]
by crossovermiddle | 2006-08-11 15:21 | 音楽全般

Meddle__Pink Floyd

b0021712_1253975.jpg 終電に飛び乗りやっとの思いで最寄り駅に着いたが、息も絶え絶えで駅前のラーメン屋『やまかわ』で『味噌バターラーメン』を食った。本当は『味噌バターチャーシューラーメン』を食いたかったのだが、健康を考慮してやめたのである。実に素晴らしい決断ではないか!!最近、残業が多くて頭の回転がきわめて悪くなっているので、たまにはラーメンを食わなければならないのだ。おかげで、死ぬほど汗が出て、フラフラになりながら自転車で家路についたわけである。
 ということで、胃がもたれて眠れないのでデジタル化をこんな時間にもかかわらず敢行した。今回のアルバムは知る人ぞ知るピンクフロイドの佳作『おせっかい』である。余り有名なアルバムとは言えないかも知れないが、ピンクフロイドのサウンドを理解する上では非常に重要なアルバムである。全体に練りに練ったサウンドが満載で、難はA面最後のSeamus くらい。とにかく素晴らしいアルバムである。プログレッシブロックというよりは、高度な環境音楽と考えるべきだろう。B面の20分にも及ぶEchoesは彼らの最高傑作ではないだろうか?また、A面4曲目のSan Tropez は実に味わい深い曲である。とにかく、このアルバムも『狂気』と同様に一家に一枚保有すべき名盤であろう。
[PR]
by crossovermiddle | 2006-08-05 01:38 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31