<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Chicago Hot Streets___Chicago

b0021712_2320167.jpg 長男のセンター試験がやっと終了した。今回初めて使用された、英語ヒアリング用の機材を息子が持って帰ってきた。「・・・かっぱらったのか?」と聞いたら、お持ち帰り自由だったと言う。凄いなあ。55万人の受験生に全員配られたわけだ。なかなか面白いコンポーネントである。原価は800円くらいだろうか。
 さてセンター試験はさておき、今回のアルバムはまたまたシカゴである。オリジナルギタリストだったテリー・キャスの死亡事故を乗り越えて発表された12作目のアルバム。購入は1978年。テリーの死によって、前作までのダレた雰囲気は吹き飛び、起死回生の一発を狙った意欲作だ。テリーの後釜には、オーディションで選ばれたドニー・デイカスという兄ちゃんが加入した。アルバムジャケットやライナーノーツ等を読む限りは、相当な期待を背負っていたようである。金髪で長髪で格好の良い兄ちゃんで、一見ピータ・フランプトンのようだ。無骨だったテリーとは対照的な風貌である。当時、私はこの兄ちゃんの写真を見て、少々ショックを受けた。何となく、アイドル路線に走っているように思えたからだ。以前に「私のシカゴは11作で死んだ」と書いたが、これはあくまでも結果論で、1978年の段階では全然死んでいないのだ。したがって、期待が大きかっただけに、ショックも大きかった。
 A面1曲目からディスコなのよね・・・。いきなり。1978年当時は凄まじいディスコブームで「シカゴよ・・・お前もか・・・」と嘆いた。曲はそれ程悪くないのだが、コンセプトが許せんかった。何となく。A面5曲目の「テイク・ア・チャンス」はとても良くできた曲で本当に素晴らしい。特に、ドニー・デイカスのギターソロが素晴らしい。結構な分量のギターソロなのだが、ここでこれまでのシカゴと決定的な違いを痛感してしまう。まさに、軽いギターなのだ。
 悪くはない。悪くはないのだが・・・・。シカゴではないのである。あ~あ、悲しいなあ。
[PR]
by crossovermiddle | 2006-01-22 23:44 | 音楽全般 | Trackback
b0021712_23535631.jpg モダン・ジャズの超ウルトラ名盤であるソニー・ロリンズの代表的なアルバム。購入は1975年。とにかく、誰が何と言おうと名盤である(らしい)。ところで、名盤、名盤と言うが名盤と言うのはどういう基準なんだろうね。
 印象的なジャケットからレコードを取り出し、厳粛な気分で針を静かに落とす。A面1曲目を飾るのは名曲「セント・トーマス」だ。何とも親しみ易いメロディである。1975年に購入して初めてこのアルバムを聞いたときは「超名盤」と言うことで若干緊張していたのだが、この曲で一気に肩の力が抜けた。「これが名盤なのか・・・・」と正直思ったが、JAZZは奥深いらしいのでそんなことを考えると罰が当たるのだろう。
 A面2曲目は名曲「ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ」である。名盤には名曲が多いのだ。曲名を日本語に訳すと「君は愛が何かを知らない」となるわけであるが、題名は実に演奏とマッチしている。この曲のトミー・フラナガンのピアノソロはとにかく素晴らしい。JAZZが良くわからない私でも良くわかるくらい素晴らしいのだ。トミー・フラナガンはアメリカの乾物屋のオヤジのような風貌であるが、実にリリカルなピアノを演奏する。私のフェバリット・ピアニストだ!!・・・と偉そうに言えるほど知らないのだ。大体、リーダアルバムも所有していない。でも、本当にこの曲は良い曲である。他の曲は残念ながら良くわからない。したがって、本アルバムが何故名盤なのか今もわからない。
[PR]
by crossovermiddle | 2006-01-17 00:08 | 音楽全般 | Trackback

セカンドラブ___中森明菜

b0021712_2146357.jpg 長男の大学受験準備のために部屋の模様替えをしていたら、ダンボール箱からこんなシングルが出てきた。驚きである。全く、購入の記憶がないのだが、どうして所有しているのだろうか?うーむ。そこで、早速聞いてみた。
 ・・・・・・・・実に良いではないか!と感動しているうちに思い出した。これはやはり購入したのだ。多分、1983年頃だと思う。しかし、音楽の趣味に対する一貫性のなさは我ながら感動する。個人的には中森明菜には余り良い印象がないのだが、この曲を唄っていた頃はバリバリのアイドルであり、ジャケット写真にもあるような松田聖子ヘアーで頑張っていたのだろう。顔もポッチャリとしており、確かに可愛い。歌も上手い。なんで、あんな風に私生活が乱れてしまったのかな。良くわからん。
 ともかく、この曲は素晴らしい。作曲は来生たかお氏である。ともかく、中森明菜のレコードを所有していたとは我ながら驚きだ。
[PR]
by crossovermiddle | 2006-01-15 21:50 | 音楽全般 | Trackback
b0021712_22322997.jpg 1979年購入の企画フュージョンアルバム。当時、高い人気を誇っていた日米の3人のギタリスト(大村憲司、渡辺香津美、リー・リトナー)のフレンドリーアルバムである。ライナーノーツによると、参加ミュージシャンは上記3人のギタリストの他にアーニー・ワッツ(サキソホン)、デイブ・グルーシン、ドン・グルーシン(キーボード)、深町純(キーボード、編曲)、エイブ・ラボリエル(ベース)、アレックス・アカーニヤ(ドラムス)、スティーブ・フォアマン(パーカッション)となっている。
 アルバムA面はアランフェス協奏曲のみだ。また、私の嫌いなアランフェスのジャズ版である。「嫌いなら買わなきゃいーじゃねーか」との声が聞こえてきそうだが、当時は純真なフュージョンギター青年だったので、この3人の組み合わせとなると買わざるを得なかったのだろうと推測する。と言うわけで、肝心の「アランフェス協奏曲」であるが、ラストの大村氏と渡辺氏のギターソロ持ち回りは無茶苦茶格好良いのだ。こりゃー凄いね。多分、20年振りくらいに聞いたと思うのだが、新鮮な感動を覚えた。渡辺氏もやる時はやるのだなあ・・と感心した次第。でも、オリジナルのアランフェス協奏曲はどっかに吹っ飛んでいるんですけれど・・・。
 B面はたるい。やはり、リー・リトナーとは相性は悪い。
[PR]
by crossovermiddle | 2006-01-10 22:46 | 音楽全般 | Trackback

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31