<   2005年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

死ぬほど忙しいのである。全く、記事が書けない。社運を賭けたプロジェクトに参加しているらしいのだが、どうもそうとは思えない。惨憺たることに成らないと良いが・・。
 そこで、気晴らしに本日は久しぶりにゴルフ練習場で打ち込みをおこなった。課題であるウッド系クラブのスイング確認をしたのだが、調子に乗って320発も打ち込んだので、この暑さの中ではさすがにバテた。バテたというよりは、少々気分が悪くなった。何とも、年齢による衰えを感じてしまう。以前は体力だけが取り柄だったのだが・・。息子達の無尽蔵の体力がうらやましい。ということで、今日は書く気力もここまで。
[PR]
by crossovermiddle | 2005-06-18 14:04 | 人生
b0021712_0424437.jpg 初めて購入したディープ・パープルのアルバム。購入時期は1974年。先日の引っ越しで新たに見つかったソースである。とにかく私はディープ・パープルが好きだ。「ハイウエイ・スター」はわずか2曲しかない完コピレパートリのハードロック曲である(残り一曲は「天国への階段」)。「ファイアーボール」を初めて聴いた時は腰が抜けたし、高校3年生の時の学園際で軽音の連中が演奏したヘタクソ「スモーク・オン・ザ・ウオータズ」に感動した。「紫の炎」の余りのカッコ良さにしびれまくった。ディープ・パープルは私の青春を飾るスーパーバンドなのである。
 さて本アルバムであるが、彼等の数々の名盤と比べて少々影が薄い。ボーカルのイアン・ギランが黄金期に参加した最後のアルバムではあるが、有名な曲が収録されていないからなあ。「ウーマン・フロム・トーキョー」はまあまあ知られているが、「トーキョー」と言うことで、日本人にとっては少々色物に思えてしまう。実に良い曲なのだけれどね。曲目は以下の通り。
<A面>
1.ウーマン・フロム・トーキョー
2.マリー・ロング
3.スーパー・トゥルーパー
4.スムース・ダンサー
<B面>
1.ラット・バット・ブルー
2.プレイス・イン・ライン
3.アワ・レディ
 本アルバムを発表した頃は、バンド内の人間関係はかなりヤバイことになっていたらしいが、サウンド・クオリティとしてはなかなか素晴らしいものがある。個人的にはA面4曲目の「スムース・ダンサー」のスピード感溢れる演奏が大好きだ。とは言え、最大のセールスポイントであるリッチーのギターが冴えないのはどうしたことか?
[PR]
by crossovermiddle | 2005-06-05 01:00 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31