カテゴリ:人生( 80 )

Alone Again__Gilbert O'saullivan

b0021712_15294355.jpg 先日の湘南ベルマーレvs京都サンガの一戦は、後半ロスタイムで湘南がゴールを決め劇的に勝利した。チーム的には怪我人続出等で色々と問題山積だが、それでも首位戦線に踏みとどまっているのだから、案外湘南は底力があるのかも知れない。
 大変気分が良いので、今回は定年間際のオッサン読者の皆さんに役に立ちそうな話題を提供したい。当然だが音楽とはほとんど関係ない。資産運用の話である。資産運用は「ワシャ関係ないね」というサラリーマンも多いとは思うが、定年退職直後に嫌でも向き合う事になるテーマである。一般的なサラリーマンは定年退職直後には本人の予想していた金額よりも多めの一時金がドカンと銀行口座に振り込まれる。大抵の人は、これだけの金額を一時的に入手するという人生経験はないだろう。預金残高明細にはこれまでとはケタ違いの数字が追記される。これは、結構ビビる。・・・と同時に、一気に気分が舞い上がるのだ。ここが要注意である。まずは、冷静になって各種金融機関からの「資産運用提案攻撃」を迎え撃つ準備が求められる。これを怠ると、ものの見事に金融機関のカモにされてしまうのだ。これは恐ろしい。彼らは超合法的に詐欺まがいの勧誘をしてくるわけだから手強い。しかも、メガバンク、大手証券のセールスパーソンは若い美人のオネーチャンが多い。実直な紳士が相手ではないのだ。特に、大手証券のセールスレディーはかなり美人で肉感的だ。彼女達が個人営業の最前線を担っている理由は容易に推測できると思うが、色々な意味で定年オッサンにとっては手強い相手である。投資の経験がほとんど無い場合、ものの見事に彼女達の術中にはまってゆくのだ。
 「じゃあ、お前もオネーチャンの餌食になったのだな?後悔の念を込めて情報を展開共有しているのだな?」と読者諸兄は考えるだろうが、実はそうでは無い。何を隠そう、私は資産運用では20年以上もそれなりに苦汁を舐めているのだ。家が一軒買えるくらいの金額での株式投資は経験済だ。持ち家が無いのだから、当たり前である。もし、持ち家が無いのに株式投資もしていないのならば、それはちょっと問題だろう。・・・という事で、私はそう簡単には彼女達の餌食にはならないだけの経験と自信がある。したがって、冷静に状況を俯瞰できるのだ。
 私の経験から語ると、メガバンク「資産運用提案攻撃」は下記のようなプロセスであった。
(1)一時金が振り込まれたメガバンクから早速にお電話がかかってくる。「御挨拶をかねて、家に行く」と言われるが丁寧に断って、こちらから銀行に行く・・事を選択する。とにかく、彼(彼女)等は家に来たがる。
(2)銀行に行くと二階の特別カウンターに連れて行かれて、担当の営業レディーから色々と提案を受ける。加えて、彼女の上司(支店長やら)等が入れ替わり挨拶に来る。
(3)提案の冒頭で「投資経験」を聞かれる。ここがポイントだ。提案が鬱陶しく断りたいなら「ITバブルの頃から数千万円規模の現物株投資をやっていますが、リーマン・ショックで相当な損失を出して…」と言えばよい。
(4)例のペイオフ(1,000万円)リスクを回避するために、他のメガバンクに一時金を分散する。
(5)しばらくして(1)に戻る
・・・という感じである。どうだろう。結構なイベントである。「毎月分配型海外上場株式アクティブファンド」みたいな商品を彼女達は積極的に売り込んでくるのだが、弱気で投資にナイーブな定年オッサンは「じゃあ、それ一つ」みたいに購入してしまうのだ。
 ・・・では、どうしたら良いのか?残念ながら、それは語る事はできない。何故なら、資産運用はその人の人生観そのものだからだ。自分で考えるしかないのだ。少なくとも、他人から提案されるようなシロモノでは無い・・という事である。
 さて今回紹介するのは、資産運用に苦しむ我々世代が青春時代に一度は聴いた事があるだろう曲。ギルバート・オサリバンのアローン・アゲインだ。凄く良い曲であり、当時の日本でも大ヒットした。何となく爽やかな感じの曲であり、オサリバンの二曲目ビッグヒットの「クレア」が可愛い曲だったので、この曲もホノボノとした曲だと勝手に思い込んでいた。しかし、Webの曲対訳サイトで確認したら、酷い内容の詩であることを知った。何じゃ、この詩は・・・。結婚式で婚約者に逃げられたニーチャンがハチャメチャに暗く愚痴る・・という内容である。なんだかなあ・・・。


[PR]
by crossovermiddle | 2017-06-20 23:38 | 人生

Study in Brown__Clifford Brown

b0021712_11064818.jpg  我が湘南ベルマーレが薄氷を踏むような状況で何とかJ2リーグの首位をキープしている。2014年の無双優勝のイメージが残っているせいか、対戦相手がビビッて自ら墓穴を掘ってくださるのだが、そのような幸運もそろそネタが尽きてきた。「優勝候補」としてリーグに臨むという状況は経験がないので、サポータ各位も既に少々バテ気味である。
 ということで、人生のテーマの一つである湘南ベルマーレがともかくも結果を出しているのでマアマア気分は良いのだが、それ以外のテーマがぱっとしない。特に、「7年振りの車の運転復活」というテーマが予想もしていないような情けない状況になっている。久しぶりにハンドルを握ってみたら、余りにも運転が怖くて泣きそうになる・・・という状況なのだ。60km/Hでも怖い。先日、諸般の事情により岐阜県大垣市と平塚を車で往復したのだが死ぬかと思った。高速道路は最初から諦めていたのだが、幹線国道等の●●●バイパスみたいな道路が怖い。特に、今回走行した静岡県+愛知県は「自動車文化」なので、猫も杓子もスピードを出す。●●●バイパスは私にとっては大袈裟に言うとサーキット状態なのだ。怖いですな。ジジイになって動体視力が低下しているのか、それとも運動中枢系脳ミソが腐ったのか…。このままだと、「楽しいドライブライフ」なんてのは夢のまた夢の状態だ。今の私にとっては、ドライブ=拷問である。泣けてくる。
 さて自動車運転で悩んでいる状況で今回紹介するのは、モダンジャズの歴史に燦然と輝くクリフォード・ブラウンの傑作アルバム。クリフォード・ブラウンというオッサンは凄いトランぺッターであるが、実は1956年6月26日に自動車事故で亡くなっているのだ。なんと、25歳の若さである。ペンシルベニア州のターンパイクという所で事故ったらしいのだが、同乗者全員が死亡したそうなので大事故だったのであろう。1956年というのは私が生まれた年で、当時の車の安全性能なんて極めてお粗末なものだっただろうから、シートベルトもエアーバックも機能していなかったんでしょうね。運転していたのは一緒に演奏することが多かったリッチー・パウエル(ピアノ)の嫁さんだったらしい。リッチーも一緒に亡くなった。うーん。自分が悪くなくても死ぬのだな。やはり、車の運転は怖い。こんな事をできる人が神に見える。
 そのような悲劇的な最後を迎えたせいもあるのか、クリフォードの人気は極めて高い。たいそう人望のあった人物だったらしく、「アイ・リメンバー・クリフォード」なんていうジャズの名曲も生まれている。とにかく、この人のトランペットは凄い。


[PR]
by crossovermiddle | 2017-03-31 11:37 | 人生
連日マンション偽装のニュースが報道されるが、しかしこの業界は無茶苦茶である。国交省の大臣が本日出演したテレビ番組で、「住民にはある程度のリスク負担はお願いする」とはっきり言っていたから、気の毒な住民は本当に崖っぷちだ。ヒューザーのマンションを買うような世帯はかなり資金的に厳しい人達が多いだろうから、これからは本当に大変だろう。いやー、マンションなんか買わなくて良かった。これからは一生賃貸を誓う。
[PR]
by crossovermiddle | 2005-12-04 13:54 | 人生

怠慢男は風邪をひく

昨日、風邪による体調不良を押して客先営業を敢行したところ、再び体調が悪くなってしまい本日も仕事をサボリである。鳥インフルエンザではないだろうか?恐ろしい。明日は御客様アポイントメントが2件も決まっているので、絶対にさぼれない。うーむ。困った。
 とにかく、することがないので本blogの過去記事を眺めて居たのだが、めったやたらと風邪をひいた・・・という記事が多い。何なんだこれは?えらいヤワになってしまったものだ。自慢じゃないが、小学校→中学校と9ヶ年皆勤で表彰されたこともあるのだ。どうして、こんなに風邪をひくかと言うと、要は緊張感が足らないのである。人間、緊張していれば風邪はひかない。これは正しい。したがって、ここ数年の私は全然緊張感が足らないのである。正確には、緊張感が足らないのではなくて、余り緊張しなくなったと言うべきだろう。
 本当に最近は図太くなってしまい、何につけても「まあ、どうでもいいや」と思うようになっている。達観の境地に近づいているのだろうか?良いような、悪いような・・・。しかし、達観はともかく風邪はつらい。何とかならないものか・・・。
[PR]
by crossovermiddle | 2005-11-20 13:56 | 人生
久しぶりの書き込みだ。実は11/5にフジテレビで放映された映画「スウイングガールズ」の興奮が冷めやらない。ウエブサイトの書き込み等では賛否両論ある映画だが、「ストーリーに矛盾がある」だの「方言が嫌みだ」だの・・・そんなことはどーでも良い。映画は見終わった後に心地よい何かが残れば良いのだ。この映画は「吹奏楽の楽しさ」と「貫地谷しほりチャンの可愛さ」が収穫だ。それにしても貫地谷しほりチャンは可愛過ぎる。感動である。
[PR]
by crossovermiddle | 2005-11-08 21:07 | 人生

資産運用の光と影

強烈な風邪でダウンしており、月・火と仕事をさぼっている。会社からは何もクレームはない。どうやら、人材として余り必要とされていないようだ。頭がボーっとしているのと、ヒマに任せて資産運用に関する本等を読んだ。個人的な結論は以下。

(1)今後10年程度で大概の不動産は価格が1/2以下になるだろう。だから、不動産に投資しては駄目よ。
(2)株は数年で価格が数倍になる可能性がある。従って、現時点では投資するなら株が最も良い。ただし、デイ・トレードに近い行為は余程「株取引が好き」「極めて価値の高い企業情報を保有」「株トレードに命を賭けている」以外は止めるべき。
(3)数年で長期金利がバブル期並になったら株を全部売って、債権に替える。これをアセット・マネージメントと言うそうだ。

 ということで、賃貸住宅に住む私としては実に心踊る数年なのだ。
[PR]
by crossovermiddle | 2005-10-25 13:57 | 人生
下血だ、コレステロール異常値だと騒いでいたら、今度は左手中指の第一関節の関節炎を発症した。原因は一つ。ゴルフ練習のやり過ぎである。なまじ野球経験者なものだから、稚拙なグリップのままひたすら全力でスイングし、これが関節炎を引き起こしたようだ。しばらくの間、関節をテーピングせよとの指示を受けた。左手中指の第一関節を曲げにくくなる。これが結構、不便なのだ。まず、キーボードが打ちにくい。しかし、もっと深刻なのはギター練習である。第一関節が曲がらないと、指板をうまく押さえられないのだ。まったく、次から次に色々な試練が降りかかるが、「一体私が何をしたと言うのだ!」と湘南の海に向かって叫びたくなる。試練を与えるべき人物は、他に沢山いると思うのだが・・。
 さて英語修行の話である。先日と昨日、米国人と英会話を行う機会があった訳だが、思っていたよりもスムースにコミニュケーションをとることができた。相変わらずのブロークンではあるが、スピーキングも何とか相手に多大な迷惑をかけないレベルで対応することができた。少々、気分が良い。最近はそれなりに問題意識を持ちながら修行をやっているので、多少は効果が出ているのだろうか?今度は米国女性とコミニュケーションをとりたいものである。私はこれまでに一度しか米国女性と英会話をしたことがないのだ。しかも、この唯一の体験も英会話学校Bでのものなので、明らかにこちらが「お客」であり、リアルな緊張感のある英会話とは言えない。重要顧客である米国クライアントの担当女性とのクレーム対応などはなかなか素敵である。
[PR]
by crossovermiddle | 2005-09-25 13:59 | 人生
自民党の圧勝は凄い。神奈川県の生んだ希代の喧嘩職人「小泉純一郎」に喧嘩を売ったって結局こうなるのだ。しかし、自民圧勝は予想されていて意外性はないが、今回の選挙は色々と興味深い人間模様が展開された。特に注目していたのは、岐阜一区の野田聖子議員である。この人、今後どうするのかな?
[PR]
by crossovermiddle | 2005-09-11 13:59 | 人生

下血の次はダイエット

先日の下血について会社の嘱託医に呼ばれたのだが、彼の意見はこうだ。
「Yさんね・・・。下血もさることながら、この血液検査結果は何?前に言ったこと全然守ってないじゃん。コレステロール値は高い。γ-GTPは高い。あれもこれも高いぜ。食生活が乱れているから、こんなことになるんだよ。まず、体重を指定値に戻すことを守ってもらわないと責任もてないよ。はっきり言って、慢性的な自殺だね。」
 長いつきあいのある医者なので、何の遠慮もなくボロカスに言われるのだ。「下血についての見解はどうなったのでしょうか?」と言いたいところだが、彼に言わせると下血よりも深刻らしい。とにかく、「体重減らすこと」を厳命されてしまった。特に太っているわけではないのだが、何せ血液検査の結果が毎回ボロボロなのである。かつては、血液検査の結果がボロボロなのは営業の勲章だとか言っていたのだが、さすがにこの年になると心配になる。
 当面は、目標体重との差異を下記に実績として公開し、体重チェックのモチベーションを維持することにしたい。
[PR]
by crossovermiddle | 2005-09-05 14:01 | 人生
忙しい。しかも、風邪がひどい。最近良く風邪をひく。フラフラする。こんなひどい風邪を引いたのは久しぶりだ。夏風邪はしんどい・・・。しかし、英語修行はキッチリやるのだ。
[PR]
by crossovermiddle | 2005-08-09 14:03 | 人生

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31