カテゴリ:音楽全般( 335 )

b0021712_22273149.jpg 先日、こんなイベントを実施予定・・と報告したが、めでたく予定通り大盛り上がりで実施した。参加者の平均年齢は推定52歳。参加者各自が酔っぱらいつつ勝手気ままにステージで繰り広げた演目は下記の通りである。
「こいつら馬鹿じゃないの・・」という声が聞こえてきそうだが、まあムチャクチャですわな。




------(曲名の次は演奏時間、音源ファイルサイズ・・・その他の時刻データは補足)------------


wave 2:53 1 2.7 MB 12:35 17:03 4:54
アイラブユー、アイニーズユー福島 4:46 1 4.4 MB 12:35 17:05 4:59
アルハンブラ宮殿の想い出 3:13 1 3 MB 12:35 4:59 5:02
いちご白書をもう一度 4:15 1 4 MB 12:35 5:02 5:07
イパネマの娘 4:58 2 4.6 MB 12:35 17:06 5:12
グッバイマイラブ 2:48 1 2.6 MB 12:35 17:18 5:14
クラシックギター1 5:09 1 4.8 MB 12:35 5:14 5:20
シガ・デ・サウダージ 4:00 1 3.7 MB 12:35 5:19 5:24
セーラ服と機関銃 4:13 1 3.9 MB 12:35 5:23 5:28
そよ風の誘惑 2:52 1 2.7 MB 12:35 12:43 5:31
どうこのまま 3:39 1 3.4 MB 12:35 17:18 5:34
ハナミズキ 3:16 1 3 MB 12:35 17:15 5:38
スイートメモリーズ 4:08 1 3.8 MB 12:35 5:37 5:42
スイートメモリーズ→インスト 2:32 1 2.4 MB 12:35 17:28 5:44
また君に恋してる→ボーカル1 3:52 1 3.6 MB 12:35 17:31 5:48
また君に恋してる→ボーカル2 3:11 1 3 MB 12:35 17:17 5:51
ルージュの伝言 2:14 1 2.1 MB 12:35 5:51 5:53
ワンノートサンバ 2:11 1 2.1 MB 12:35 5:53 5:56
横須賀ストーリー 2:36 1 2.4 MB 12:35 16:43 5:58
花の首飾り 1:10 1 1.1 MB 12:35 5:58 5:59
危険な二人 4:06 1 3.8 MB 12:35 16:37 6:04
結婚しようよ 2:26 1 2.3 MB 12:35 20:21 6:06
見つめあう恋 2:27 1 2.3 MB 12:35 16:41 6:08
勝手にしゃがれ 3:01 2.8 MB 12:35 16:42
飾りじゃないのよ涙は 5:05 4.7 MB 12:35 20:15
飾りじゃないのよ涙は インスト 1:25 1.4 MB 12:35 12:36
フュージョン・セッション1 0:39 621 KB 12:35 12:36
フュージョン・セッション2 6:39 6.2 MB 12:35 12:36
想い出の渚 3:18 3.1 MB 12:35 12:36
中央フリーウエイ 2:58 2.8 MB 12:35 17:17
冬の稲妻 3:18 3.1 MB 12:35 12:36
夢の中へ 2:35 2.4 MB 12:35 17:14
涙のリクエスト 3:36 3.4 MB 12:35 16:40

-----------------------------------------------------------------------

 当初の予定以外の曲も沢山あり、大いに「演奏瞬発力」を問われる結果となった。「スイートメモリーズ」、「飾りじゃないのよ涙は」のインストやらクラッシックギター曲やら挙げ句の果てにフュージョンセッションやら・・・。まあ、オッサン、オバサンが酔っぱらうとこんな感じですわな。でも、楽しかったのである。このようなイベントは今後は大いに市民権を獲得してゆくだろう(・・・と思う)。
 私はいかなる場合にも、ZOOM社のデジタルレコーダでイベント全体のサウンドを収録している。今回も各曲別にMP3音源ファイルに分離し、関係各位に送付した。一方で、各演奏を注意深く聴いてみた。その中で圧倒的に盛り上がったのは、沢田研二の「危険な二人」である。例の特徴的なギターリフが始まるや否や、オッサン、オバサン達は狂喜乱舞し、一気に興奮は最高潮となった。これは、周到に準備された選曲戦略だったのだが、正に戦略は大当たりであった。この手の曲は絶対に盛り上がる。この手の曲を増やしてゆくことが我々に求められる作業である。
 そして、二番目に盛り上がったのが今回のテーマであるチェッカーズの「涙のリクエスト」だ。この曲は当初の「想定曲」には入っていなかったが、オッサン達のリクエストに応えて「演奏瞬発力」を駆使した訳だ。演奏して思ったが、やはりこの曲はスゴイ。掛け値無しの名曲である。チェッカーズは本当にスゴイなあ。作詞家、作曲家もスゴイなあ・・・。誰だかは知らんけど。
 ともかく、最初に「危険な二人」と「ルージュの伝言」をやり、MC後に「いちご白書をもう一度」と「中央フリーウエイ」をやり、更にMC後に「涙のリクエスト」をやれば絶対にオヤジバンドライブではヒーローになれる(・・・と思う)。
[PR]
by crossovermiddle | 2016-10-18 22:58 | 音楽全般

Thrust__Herbie Hancok

b0021712_00354310.jpg
 そろそろFusionをテーマにしようと思う。以前にも同様の事を宣言したが、今回は私のバンド活動の演目バリエーションに強力にfusionを据えていこう・・・という事である。ここ数年はボサノバ、歌謡曲、ポップスが演目の中心だったが、ここにきてJazz、fusion系の人脈が充実してきた・・・というのがその理由だ。「本業回帰」である。本業回帰ならば担当演奏楽器はいよいよEGですね。奥さん・・・と言いたいところだが、実は全く自信がない。指が以前のように動かない・・アルよ。悲しいなあ・・。そこで、Fusionがテーマとなったとしても、ベースに注力することにした。しかし、ここで明確に主張しておくが、別に「ギターがダメだからベースにする」訳ではないのだ。読者諸兄にはこのポイントをしっかりと理解してもらわなくては困るのだ。・・・何をムキになっているのか?我ながら良くわからんが、ともかくベースである。
 今回紹介するのは、新たに構築したFusion人脈系の若手ドラマーの推薦曲が収録されている一枚。ハービー・ハンコックの「Thrust」である。録音は1974年だが、以前に紹介したこのアルバムと音の作りが実に良く似ている。当時はこの手のサウンドがお洒落だったんですねー。ウルトラ・アコースティック・ジャズピアニストだったハービーが、マイルスオヤジに洗脳(?)されて電子化サウンドを追及した実験的な試みだったと思うが、予想外に世の中で受け入れられた訳だ。現在ではこんなタイプのサウンドは受け入れられるんですかね?良くわからんですけど・・。
 私的なポイントはベースのポール・ジャクソンオヤジのベースラインでありますね。当時はポールは兄ちゃんだったけど、こんなクルクルパーみたいなベースラインを弾いていたんですなあ。クルクルパー的なベースラインだとは思うが、実は非常に好きなのである。逆立ちしてもこのグルーブ感は真似できないとは思うが、真似したい。ライブで受けるかな?まあ、受けないだろうなあ…。ともかく、40年も時を経て、久しぶりにこんなのもやってみたいな・・・とは思わせるサウンドである。でも、多分やらないだろうな。


[PR]
by crossovermiddle | 2016-10-15 01:10 | 音楽全般

Red_King Crimson

b0021712_23455138.jpg これまで本ブログでは自分の事を自虐的に「オッサン」と呼んできたが、そろそろこの呼称は自虐的ではなくなってきた。遂に「ジジイ」と呼ばれる年齢にほぼ到達してしまったからだ。1歳9ケ月の孫がいるのだから、物理的にも完全に「ジジイ」である。ジジイではあるが、やってる事は余りジジイっぽくないのだ。本日も友人・知人を集めて、「懐かしの70年代歌謡曲歌おう大会」みたいな宴会を開催して楽器を弾くのである。ここ半年くらいは懐かしの歌謡/ポップスとボサノバのバックミュージシャンばかり担当したので少々フラストレーションが溜まった。そこで先日は久しぶりに「ロック」をスタジオで演奏したのでありますね。大音量で・・・。それが、今回のテーマであるクリムゾンの1974年のアルバム「Red」のA面1曲目のRedである。「ジジイがそんなのやるのか?」と呆れられそうだが、このアルバムが発表された時は高校三年生なのだ。人生で一番モテた時期である。うーむ。懐かしいなあ…。
 ・・・ということでRedである。フィリップ、ウエットン、ブラフォードの3人を中心にして制作された第一期クリムゾンの最終アルバムなのだそーだ。ふーん。二曲目の「Fallen Angel」は良い曲ですな。最後の「Starless」も良い曲だけど長い。70年代はこんなアルバム制作しても若い皆さんも購入してくれたが、現代でこんなアルバム制作しても誰も買わんのではないか?何で買わんのか?聞くのが面倒臭いからでしょうね。「クロスオーバ」→「フュージョン」→「プログレ」・・・なんていう系譜は凄く暗いのである。ボーカルが余り関係ないし…。悲しいなあ…。
 悲しいなあ・・とは思いながらも、先日は吉祥寺のスタジオにこもってひたすらと「Red」を大音量で練習したのである。ついでに、ピンクフロイドの曲もやったのだけど・・。やはり、何となく暗くなった。やってることは間違っていないと思うがどーも暗い。もう少し戦略が必要であろう。



[PR]
by crossovermiddle | 2016-10-08 00:10 | 音楽全般


b0021712_14215428.jpg 記事の投稿がまた滞ってしまった。我が湘南ベルマーレの成績が酷いことになっているのがその理由の一つである。主力4人が金満クラブに強奪され、フロントのゴタゴタが加わって「ヤバイなー」とは思っていたが案の定だ。「貧すれば鈍する」ではないが、Jリーグクラブにとって貧乏は苦しすぎる。しかも、余りにもクラブ別の資金力に差がありすぎるのだ。不公平じゃないのか?といつも思うが、「悔しかったら資金力を増やせ」と言われるだけなのでどうにもならない。コンサドーレ札幌の社長さんが言っていたが「年棒1,000万円クラスの選手5人が主力のチームと2,000万円クラスの選手5人が主力のチームではシーズン通したチーム・パフォーマンスは全然違う」のだそうだ。我々ビジネスパーソンは5,000万円しか違わないじゃないか?と思うが、Jクラブにおいてはこれは大きいらしい。うーむ。私の会社も平塚に事業所を構えているのだから5,000万円くらい拠出したら良いのに・・・といつも思うが、世の中はそれほど甘くないのだなあ。いよいよ、J2への陥落が現実味を帯びてきた(泣)。一方、日本代表は最も面白いW杯地区最終予選中であるが、ベルマーレがヤバイので観戦する気が起きない。やってられないのでサッカーの話はここまで。
 ベルマーレは悲惨な状況だが、私の素人音楽活動は結構アクティブである。このところ、ほぼ毎週のように人前で演奏している。人前と言っても、数人から10数人の範囲であるが・・。何はともあれ人前で演奏しているので、練習に対する意識は高く維持され「演奏瞬発力」は以前に増して高まった。演奏瞬発力とは想定外の曲をその場で演奏する力である。例えば、私が良く行くライブ酒場系の場面では、マスターから「ベースとドラムちょっと手伝って!!」みたいな局面が良くある。「ベース」と「ドラムス」と言う点が極めて重要である。「ギターちょっと手伝って!!」とは絶対にならない。私が本ブログで何度も言及しているポイントだ。私の演奏瞬発力は昔から平均以上とは自負していたが、最近では知らない曲でも譜面があればOKで、知っている曲ならどんなキーでもほぼOKといった状況である。また近々に某所のライブ酒場で「懐かしの歌謡ポップスを歌おう」的な宴会で演奏する事になった。演奏が予想される曲は下記である。多分、下記から外れる想定外の曲が半分以上発生するだろう。

◎デスペラード(イーグルス)
◎愛のメモリー(松崎しげる)
◎デイドリームビリーバー(モンキーズ)
◎カサブランカ
◎ラブミーテンダー
◎横須賀ストーリー(山口百恵)
◎そよ風の誘惑(オリビア)
◎スイートメモリーズ(松田聖子)
◎見つめ合う恋い(カーペンターズ)
◎遙かなる影(同上)
◎中央フリーウエイ(ユーミン)
◎ルージュの伝言(同上)
・冷たい雨(同上)
・やさしさに包まれたなら(同上)
◎Isn't she lovely? (スティービーワンダー)
◎サンシャイン(同上)
・イマジン(ジョンレノン)
・ヘイジュード(ビートルズ)
・涙のキッス(サザンオールスターズ)
・TSUNAMI(同上)
・いとしのエリー(同上)
・チャコの海岸物語(同上)
・希望の轍(同上)
・C調言葉に御用心(同上)
・勝手にしやがれ(沢田研二)
・危険なふたり(同上)
・TOKIO(同上)
・思い出の渚(ワイルドワンズ)
・小さなスナック(パープルシャドーズ)
・亜麻色の髪の乙女(ヴィレッジシンガーズ)
・ブルーシャトー(ブルーコメッツ)
・あの時君は若かった(スパイダース)
◎イパネマの娘(アントニオカルロスジョビン)
◎波(同上)
◎ワンノートサンバ(同上)
◎美味しい水(?)
◎ノーモアブルース(アントニオカルロスジョビン)
◎ハウ インセンシティブ(?)
◎また君に恋してる(坂本冬美)
◎やさしさとして想い出として(ふきのとう)
・冬の稲妻(アリス)
・いちご白書をもう一度(バンバン)
・ルビーの指輪(寺尾聡)
・結婚しようよ(吉田拓郎)
・旅の宿(同上)
・やさしい悪魔(キャンディーズ)
・春一番(キャンディーズ)
・神田川(かぐやひめ)
・夢の中へ(井上陽水)
・飾りじゃないのよ涙は(中森明菜)
・セカンドラブ(同上)
・どうぞこのまま(丸山圭子)
・フィーリング(ハイファイセット)
     etc.

 ご覧いただいたようにカテゴリーは千差万別で、ほとんど人間カラオケマシン状態である。この手の演芸をやる時には、いちいち譜面探していたら発狂する。しかも、「オリジナルキーからの変更」のリクエストは非常に多い。したがって、演奏瞬発力で対応するしかないのだ。←このポイントを理解していない人が多い。演芸は瞬発力が最重要なのである。Jazz系は演奏瞬発力の闘いであるが、歌謡ポップス系も同様である。この闘いに耐えうるミュージシャンのみが勝利者になれるのだ!!・・・と偉そうな事を言ってしまったが、実際の演奏は大抵はボロボロである。特に、個人的に一番厳しいのがⅡm7か?Ⅳ△7か?問題である。詳細は語らないが、これは私の演奏瞬発力における弱点と言える。しかし、最近の現場での鍛錬により徐々に改善されてきているのだ。フフフフ・・・・。
 上記の候補曲をザーッとyoutubeで追っかけていたら、凄い感動的な内容の曲が見つかった。これが、中森明菜先生の「飾りじゃないのよ涙は」である。明菜ちゃんってこんなに歌が上手かったっけ?感動である。練習したのかな?そろそろ、私もポールのようにベース弾きながら歌うというチャレンジをしなければならない。




[PR]
by crossovermiddle | 2016-10-02 14:23 | 音楽全般

Feelin' Summer__太田裕美

b0021712_21502635.jpg 本日は今年に入って最も気温が上がったようだ。英国問題に続いて、今度はテロである。実行犯のプロフィールに関する報道を見て、ガックリとなってしまった。気温は上がるが、気分はどんどん落ち込んでゆく一方である。一体、世界はどうなってしまうのだろうか・・・。
 そこで、今回紹介するのは青春を共に歩んだ太田裕美さんの10枚目のアルバム。タイトルの「Feelin' summer」そのものの、実に爽やかな曲ばかりだ。発売は1979年の6月。私はまだ学生だった。70年代の自由で爽やかな空気の中で制作されたサウンドなんだろうな。久しぶりにジックリと聴いていたら思わず涙が出てきた。やりきれない日常を忘れさせてくれる素晴らしいアルバムである。
 
[PR]
by crossovermiddle | 2016-07-03 21:59 | 音楽全般

The beatles_The beatles

b0021712_2171582.jpg ビートルズが初来日してから今日で50年なのだそうだ。今回の騒動で英国人のアホさ加減には呆れてしまったが、やはりビートルズは素晴らしい。英国がせっかくEUから離脱するというので、今回はビートルズのアルバムについて言及したい。ちなみに、一説によると英国は「離脱しないかも知れない」らしい。正確に言うと、「色々あって、結局離脱できなくなるんじゃあないの?」だそうである。ソースは某大手車両メーカのOB。まあ、説得力はあったな。
 ビートルズの話である。私くらいの年齢だとビートルズ末期はリアルタイムなので、その辺の知ったか兄ちゃんとは思い入れのレベルが違うのである。ホワイトアルバムとも呼ばれている本アルバムであるが、ビートルズのオリジナルとしては唯一の2枚組なんだそうだ。確かに、そーだね。シカゴなんか4枚も出してるのにね。2枚組どころか4枚組(ライブ・アット・カーネギ)なんてのもありますな。1968年の発表であるが、プロデューサのオッチャンはシングルアルバムにすべき・・・と駄々をこねたらしいのだが(コスト的に不利だからね)、メンバ全員が「2枚組じゃないと嫌だ」とこれまた駄々をこねて結局2枚組になったらしい。本当かね?
 シカゴと違ってビートルズの曲は短いのが多いから、2枚組だと凄い曲数である。A面に8曲、B面に9曲、C面に7曲、D面に6曲の計30曲となる。お買い得ですね。とにもかくにも、ゴチャゴチャなテイストの曲が収録されていて私的には実に好きなのだが、一般的には「散漫でダメですねえ」みたいな評価が支配的である。何をエラソーに・・と言いたい。良いものは良いのだ。ビルボードで9週間も1位なんだぞ。良いとか悪いとか勝手に決めるな・・と再度言いたい。
 私的に一つポイントを挙げると、8CHのマルチトラックレコーダが用いられた・・という点だ。嘘か本当か知らんが、B面8曲目の「I Will」は件のマルチトラックを活用してポール一人で制作したらしい。初めてこの曲を聴いた時は衝撃を受けた。良い曲ですねえ。他にも色々興味深い曲が目白押しではあるが、やはりアビーロードには負けるなあ…とは思う。
[PR]
by crossovermiddle | 2016-06-29 21:29 | 音楽全般

Amoroso__ Joao Gilberto

b0021712_9575268.jpg  英国発のアホな一件でただでさえ気分が悪いのに、昨夜のベルマーレの試合はATで同点に追いつかれ勝ち点2が消失するという悲しい展開だった。スカパーオンデマンドの画面に向かって「アホかあああああ!!」と大声で叫んだのは久しぶりだ。ダメな時は何をやってもダメなのか?
 このような気分がささくれている時は何をすればよいのか?優れた音楽を聴くしかないのだ。今回は人類の至宝と言っても過言ではない(過言か?)、ボサノバの巨匠ジョアン・ジルベルトの名作「Amoroso」である。アルバムの最初から最後までポワーンとしたストリングスがボサノバの名曲に被さる。そして、ジルベルトの「まあ、適当にやりますわ」的な覇気のないボーカル。賛否両論があるらしいが、宝石のようなサウンドであろう。
 特に特筆すべきは、ストリングスアレンジである。実に素晴らしい。私の好みだ。何故ならば、プロデューサが私の大好きなトミー・リピューマだからだ。最もトミー・リピューマ的なアルバムである。彼は色々なアルバムのプロデュースをおこなったウルトラ大御所であるが、やはりこのようなサウンドが一番良い。70年代はこのようなテイストのサウンドが沢山あった。今は無い。時代の流れだからしょうがないが、何とも悲しいなあ・・・。同じくトミー・リピューマがプロデュースしたこの曲が収録されているデオダートのアルバム「Love Island」と聴き比べてみるのも楽しいだろう。
[PR]
by crossovermiddle | 2016-06-26 10:15 | 音楽全般
b0021712_13422539.jpgEUがヤバイ。私の金融資産もヤバイ。私は人生の1/3はスケベな事を考えてきた訳であるが、今後もそのつもりである。したがって、「定年後→年金前」の微妙な時期は波風経立てずに過ごすつもりだったのであるがこの有様である。やってられん。
英国人ってアホなのか?ビートルズやらキングクリムゾンやらレッドツエッペリンやらピンクフロイドやらクイーンやらディープパープルやらムーディブルースやらやらやら・・・を生み出した誇り高き国なのにアホなのか?
アホはもう知らん。
 もうヤケクソなので今回のテーマはAKB48である。実は私はAKB48の曲が大好きなのだ。ただし、AKB48のお嬢様達には全く興味はない。本当だ。嘘ではない。本当なのだ。今回紹介する「恋するフォーチュンクッキー」は凄い作品である。曲も凄いし、プロモーションビデオも凄い。AKB48の楽曲は私の大嫌いなコンピュータミュージックが基本であるが、これだけクオリティが高いと素晴らしいとしか言えない。上記のプロモーションビデオについても、企業/団体が曲に合わせて独自のプロモーションビデオを制作してWebに公開するという非常に興味深い企画が話題になった。サイバーエージェント社やらサマンサタバサ社やらのPVを連続観賞したが、出演しているのが綺麗なネーチャンばっかりで、我が社との余りの格差に愕然となってしまったのである。ともかく何ともハッピーな気分になれる素晴らしい曲であろう。
[PR]
by crossovermiddle | 2016-06-25 13:50 | 音楽全般

My Cherie Amour__Stevie Wonder

b0021712_20481075.jpg 湘南ベルマーレはGW連戦に突入して2連勝(共にアウエー)と調子を上げつつある。明日のFC東京戦(ホーム)は非常に重要な一戦となるだろう。とにかく、これまではアウエーで善戦して、ホームでボロ負けなのだ。やはり、サッカー観戦はホームで勝たないと全く盛り上がらん。
 さて「盛り上げが重要」という点では、素人バンド活動における素人ライブでも一緒である。大抵の素人ライブでは聴衆は酒が入っているので、ちょっとした工夫で一気に盛り上がる事が可能である。それでは、どのような工夫をすれば良いのか?答えは簡単である。ウルトラ有名曲を演奏すれば良い。しかし、実は素人ライブにおいては、この重要なポイントが意外と疎かにされる傾向にあるのだ。素人ライブでは演者側が「自分の好きな事」をやるケースが結構多い。私の大好きな絶滅危惧種のFusionやらプログレッシブロックなんかを下向いて延々と演奏する・・・なんていうのが良くありますね。極端なケースでは、「全部オリジナル曲」という信じられないような猛者バンドも出演する事がある。素人ライブとはいえ、全部オリジル曲ってデリカシーの無さは凄いですね。聴衆は苦痛である。営利目的ではない・・・けれど、これは人の道に反する行為であろう。素人ライブでオリジナル曲の演奏は厳禁である(1曲くらいは許すが…)。
 じゃあ、ウルトラ有名曲であるイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」だったら問題ないのか?みたいな話の展開になるが、実はこれが微妙なのだ。ホテル・カリフォルニア⇒スモーク・オン・ザ・ウオーター⇒天国の階段・・・的な選曲は「盛り上がるか?」という点では少々リスクが高い。明らかに盛り上げを「狙い過ぎ」なのだ。しかも、推測であるがこれらの曲だと演奏も余り楽しく無いのでは?と思われる。ヘタに自分好みのアレンジなんかしようものなら、聴衆は一気に白けるのだ。これはつまらんですね。素人バンドは自分たちのヒット曲なんか無いのだから、まさに選曲が最重要ボイントなのである。センスが鋭く問われる。しかも、演奏(練習含む)してて楽しい…みたいな要素も必要となる。うーむ。実に難しいのだ。
 私はここ数年、この課題に常に直面してきた。そして、それらの経験の中から遂に打開策を見出すことができたのである。それは何か?スティービー・ワンダーのヒット曲を演奏すれば良いのだ。「うーむ。その手があったか・・」という称賛の声がホーハイと湧き上がるであろうなあ。このオッサンの曲は絶対に受ける。聴衆に米国人なんかが混じっていたりしたら、演奏後に表敬訪問を受けるだろう。まあ、個人的な見解であるのだが・・・。
 そこで、今回紹介するのは数あるスティービーのヒット曲の中から、必ず選曲リストに加える必要がありそうなMy Cherie Amourである。この曲のコードを見ると吐きそうになる。9、13やらー5やらSus4やらのオンパレードである。実は、このようなコードが用いられている曲においてはベースは輝けるのだ。ブラック系ミュージックは本当にベーシストには美味しい。

 
[PR]
by crossovermiddle | 2016-05-07 22:07 | 音楽全般

My life___Billy Joel

b0021712_20332131.png  湘南ベルマーレが絶不調で甚だ気分が悪い。何事も適度な資金が無いと苦しい。
 気分が悪いので、最近の音楽事情について考えてみたのだが、観賞用音楽とは何なのか?が最近は良くわからない。最近のポップス・ロック関連バンド事情は本当に良くわからん。身近な日本のバンド事情でもさっぱり分からん。会社の若手によると「One OK Rock」なるバンドが最近は注目株らしい。海外でも評価が高いらしい。しかも、私世代の良く知っている森進一・森雅子元夫妻の御長男がボーカルをやっているのである。ほとんどの作詞・作曲も彼である。早速、youtubeでライブ動画を観賞してみたが、まあ素晴らしいサウンドですな。これは、人気が出るだろうねえ・・という感じである。
 コンピュータが立派にミュージシャンとして独り立ちしてくれたおかげで、聞かせる系音楽(つまり、バッキング)はコンピュータミュージシャンが大活躍である。囲碁だってコンピュータが一流プロに勝っちゃうんだから、楽器演奏なんか最近のコンピュータにとってチョロイのでしょうね。一方、見せる系音楽はショーだから人間しかできないが、その収益の大半はCD販売ではなくてライブで稼ぐビジネスモデルとなっている。したがって、音的にライブで受けなければならない。必然的に感情移入型バラードロック有利となりハイトーンボーカリストだらけになる。速弾き+テンションコードバチバチ+変拍子のインスト系ミュージックなんて感情移入がほぼ絶望的だからビジネスチャンスのビの字もないですな。音楽界の絶滅危惧種認定であろう。最近は若い人はJazzとか聴くのかな?私の息子たちはほぼ聞いていないだろうな。それで良いのか?まあ、良いのか・・・。楽器の複雑運指×速弾き演奏はコンピュータに逆立ちしても敵わないのであるからして、我々オッサンはどうするか?というと、結局は大馬鹿ストレス発散宴会ライブでヘロヘロバンド演奏するしかないのである。
 さて今回はビリージェルのMy lifeである。近々開催されるストレス発散宴会ライブで演奏する予定の曲だ。ビリージョエルのオッサンはいつの間にか66歳のジジイになってしまっているが、張りのある歌声は健在だ。おなじみのYoutubeには最近のライブ映像がゴチャマンとアップされているが、観客の数が半端ないのだ。凄い人気である。70年代ポップススターをリアルタイムでライブ観賞するのが、私の年代のオッサン達の音楽人生なのかもしれない。
 
[PR]
by crossovermiddle | 2016-04-10 22:31 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30