カテゴリ:音楽全般( 341 )

b0021712_12143265.jpg 昨夜、日比谷にある知人の仕事場(事務所)に行って、同世代のオッサンによる「酒飲みながら適当にボサノバを中心としたラテン曲を演奏しつつ、世相を斬る」という恒例のイベントを敢行した。知人以外の事務所の連中にとっては迷惑この上ない話だとは思うが、既に5年近くやっているので皆さん諦めているようだ。演奏する場所は立派な会議室である。通常、この事務所では日夜極めて高度な知的作業がなされているのだが、知人のワークスペースにはガッドギター2本、アコースティックギター1本、ベースギター1本、キーボード1台、ギターアンプ1台、ベースアンプ1台、ミキサー1台、ダイナミックマイク1本が常備されている(ドラムスはさすがに不可能であった)。多分、他には類を見ないような極めて特殊な環境である。しかし、我々にとっては高い金出してスタジオ借りる必要が無いので非常にありがたい環境でもある。せめてもの罪滅ぼしとして、いつものように平塚駅前で御土産のお菓子を購入し持参した。
 さてそのような中で始まった恒例のイベントであるが、いつものように「カポダスト問題」が発生した。カポダストを知らない人は少ないと思うが、念のため若干の説明を加える。カポダストというのは主にアコースティック系のギター演奏で用いられるポピュラーな道具で(下部添付の写真を参照されたい)、ギターのネックを強力なバネ力を利用したバーで挟む・・・という利用方法になる。何でこんな事をするのか?と言うと、例えば写真のようにギターの1フレット目をカポダストで挟むと、ギターの解放弦の音程が半音上がるのである。まあ、当然であろう。2フレット目をカポダストで挟むと1音上がる。・・・で、そうなると何が良いのか?と言うと、例えばCキーのコードと同じ指の押さえ方で、C♯、Dのキーによる演奏ができてしまうのである。当然、全てのフレットを挟めるから、全てのキーの演奏をCキーのコードと同じ指の押さえ方で演奏ができることになる。まあ、便利な道具ですね。私と同世代のフォーク大好きオッサンは「解放弦を利用した標準的なCキーのコードしか押さえられない」という人が多いので、カポダストは実に便利な道具なのだ。プロでも、フォーク系の弾き語りの人は良く利用するし、解放弦の響きを積極的に表現したいロック・ミュージシャンも利用する場合がある。このようにカポダストという道具はギター演奏には便利な道具なのだが、一方で演奏技術の進歩を阻害するという側面がある。昔の演奏至上主義の時代には「カポ上げミュージシャン」という少々侮蔑に似た呼称があった。また、カポダストは当然のことながら1フレットより上部には挟むことができないから、それ以上はキーを下げる事ができない。したがって、G~Bあたりのキーに適用するのは少々難しい・・という側面もある。
 昨日参加した同世代オッサンも典型的なフォーク世代オッサンなので、当然のようにカポダストを多用する。自分一人で演奏する分には12フレットにカポ挟もうが勝手にやってくれれば良いのだが、バンド演奏・・となると前述の「カポダスト問題」が発生するのだ。このカポダスト問題は、新しい曲にチャレンジする場合に発生する事が多い。昨夜のケースでもカポダスト・オッサンが「新規にこの曲やりたい」と譜面をコピーして持参してくれたのだが、これが他のメンバーにとっては問題なのだ。カポダスト・オッサンの持参する譜面は歌詞の上にコードが記述された譜面だが、ほぼ例外なく「+3カポ」みたいな記載がある。記載されているコードは全てCキーのお馴染みのコードだ。この譜面によると、Em7と記載されている部分は実際は1.5音キーが上のGm7となっているのだ。カポダスト・オッサンは慣れ親しんだEm7を弾けば良いが、それ以外の演奏者はEm7⇒Gm7にリアルタイムで変換して演奏しなければならない。演奏する前に、各演奏者が自分が分かり易いように各コードを実際のキーに変換して追記すれば良いのだが、なにせ演奏しているのがラテン曲である。ただでさえコードチェンジも多く、♭9、♯11やらがグチャグチャと記述されているオリジナル譜面に新たなコードを追記するのは精神的にも無理がある。・・という事で、他の演奏者はしばし「うーん」と考え込むのである。これが「カポダスト問題」である。
 このカポダスト問題については解決策は「必要に応じて実際のコードを追記」する事が一番である。しかし、ライブ酒場なんかで適当に演奏している時に、それができるか?というと少々疑問なのである。もっと良いのは、件のカポダスト・オヤジが「カポダスト用の演奏コード」と「実際の演奏コード」を併記して譜面を作成してくれる事だが、私の長い人生においてはそのような事は一度も無かった。したがって、楽器演奏者の端くれなら何らかの解決策を自力で見出す必要がある。今回は長くなったので、それについては次回以降?に・・・。
 さて今回紹介するのは、昨夜「カポダスト問題」に正に直面した名曲「Mas Que Nada」が収録されているセルジオ・メンデス・ブラジル'66の一作目のアルバム。ラテンテイストな曲を非ラテン系の地域に売り込むための秀逸なアレンジを施している点が特徴である。A面一曲目の「Mas Que Nada」は世界中で大ヒットし、日本でも同様に大ヒットした。ボサノバというよりはサンバであるが、実に素晴らしい曲である。私と同世代の人達は間違いなく耳にした事のあるサウンドであろう。個人的には「タン、ツ、タタン・・・」というパターンが延々と続くサンバのリズムは非常に好きである。A面二曲目の「One Note Samba 」も超有名なラテン曲であるが、本作でのアレンジはかなりポピュラー寄りだ。この辺りは一つのアプローチとして素晴らしいとは思うが、地の素朴なラテン曲もじっくりと聴くとまた別の魅力を知る事ができると思う。ラテンミュージックは実に奥深い。b0021712_13490429.jpg

[PR]
by crossovermiddle | 2017-07-12 23:30 | 音楽全般

Gentle Giant__Gentle Giant

b0021712_20020830.jpg 湘南ベルマーレはアウエー大分で超消耗戦を闘いドロー。福岡が敗退したため、なんと首位である。うーむ。そして、わが平塚市では昨日から3日間にわたる灼熱と阿鼻叫喚の祭典「平塚七夕祭り」が開催されている。恐ろしくて、平塚駅周辺にはしばらく近づけない。今年は珍しく3日間とも好天なので、数十万人も集客する会場周辺の蒸し風呂状態は想像を絶するのだ。何事もなく平穏のうちに終了してもらいたいものだ。
 さて今回は英国発のプログレッシブ・ロック・バンドであるGentle Giantのデビューアルバム。A面一曲目から何とも複雑怪奇な構成だ。私の大好きなメロトロンも登場してくるなあ・・・。いやはや・・・。本アルバムの発表は1970年だから遥か昔である。黄金の70年代に音楽にドップリ浸かった私であるが、Gentle Giantは全く馴染みが無く、本デビューアルバムも聴いた事がなかったのだが、いやはやビックリするようなサウンドだ。ジャケットも強烈だがサウンドも強烈である。当時はこんなサウンドでもビジネスになったんだなあ・・・と少々考え込んでしまった。メンバーは全員が英国屈指の腕利きミュージシャンらしい。たしかに、こんなクルクルパーみたいな構成の変拍子曲をトランペットやらバイオリンやら織り交ぜて演奏しちゃうんだから凄い。しかも、どうやらこんなクルクルパーみたいな構成の変拍子曲をライブで演奏していたらしい。サウンド・コンセプトはキング・クリムゾンに良く似ていると思う。クリムゾンはロバート・フィリップという個性の強いギタリストの演奏がメインであるが、こちらの方はとらえどころのないサウンドであるとも言える。うーむ。難しい…。だが意外と聴き応えはあるなあ・・・。
 とにかく、久しぶりにThe プログレみたいなサウンドを聴いたので頭が痛くなった。2017年時点でこのグループのサウンドを若い人が聴くイメージを全く描くことができない。

[PR]
by crossovermiddle | 2017-07-08 21:21 | 音楽全般

Beatles For Sale__The Beatles

b0021712_21182800.jpg ビートルズが1964年の年の瀬に発表した4枚目のアルバム「Beatles For Sale」は不思議なアルバムだ。前作の「A Hard Day's Night」が全曲オリジナルでビートルズの楽曲制作能力を大いに示したのに、本アルバムは14曲中6曲がカバーである。1曲くらいのカバーならわかるが、6曲ってどういう事なんでしょうね?当時のビートルズは「偉大なアーティスト」ではなくて、映画、レコードセールス、コンサートで金を生み出すマシーンのような扱いだったので無理やり(カバー的な)アルバムを作らされたのかしらん?と勘ぐってしまう。ジャケット写真のメンバーの顔つきも何となく疲れているような気がしてならない。
 ともかくどのような制作経緯があったのかはわからんが、個人的には好きな曲が沢山収められているアルバムだ。全体的にポール色が弱いが、彼が書いた「I'll follow the sun」は実に素晴らしい曲である。大学生の時に初めて聴いてスゲー曲だなあ・・と感動した。ビートルズってスゲーなあ・・・と思ったが、まあポールがスゲーのである。この曲を聴くと、ポールの才能はともかくスゲー・・と思う。A面1曲目の「No reply」も素晴らしい。これも、実質的にポールが書いたんだろうと思っていたのだがジョンの曲らしい。ジョンの才能は良くわからんなあ・・。フェード・インと言う奇妙な方式で始まる「Eight days a week」も素晴らしい曲である。これも、ポールが書いたんだろうと思っていたら、どうやらこれもメインはジョンらしい。うーん。このグループは良く分らんなあ・・。
 ものの本によると、ビートルズはアメリカのカントリー、ロカベリー、フォークみたいのを自分たちで再構築している例が多いらしいが、このアルバムではそれが顕著である。ボブディランの曲のコンセプトも結構パクッているらしいが、私はディランを全く知らんので、どこにどのようにパクられているのか?がさっぱりわからない。とにかく、このグループはアイディア豊富で感性の間口が広かったのでしょうなあ…。このアルバムに収められているカバー曲の中では「Mr.moonlight」が大好きである。この曲もポールが書いたのだろうと思っていたら、ジョンでもなくてカバー曲だと知ってびっくりした。ビートルズは奥が深い。


[PR]
by crossovermiddle | 2017-07-01 02:12 | 音楽全般

Love Songs__竹内まりや

b0021712_22462163.jpg 先日紹介した「ジャズギター演奏」に関する記事に何人かのジャズギター演奏好きオッサンが反応したので、もう少し核心に迫った情報を共有したい。私自身も全くの未熟者であるから、高度なノウハウは理解できないし紹介も難しい。ただし、これまで何十年も溜めてきた疑問とフラストレーションが若干ながら氷解したのだから、その部分にフォーカスしてポイントを紹介したい。ポイントは下記である。

(1)理論を知らないとジャズギターは弾けんのか?
 身も蓋もない話だが、答えは「弾けん」であると思う。理論より感覚が大事・・とのご意見はあろう。私自身が正にそうであるから、それは良ーくわかる。しかし、効率良くジャジーなギターが弾けるようになるには理論は重要なのは間違いない。では、どのように理論を習得すれば良いのか?ここが重要な分かれ道になるようだ。ジャズギターを演奏したいオッサンは大なり小なり、一度は「ジャズギター教則本」の類は購入したと思う。しかし、件のプロジャズギタリストによると、教則本やレッスン動画の類を活用して独学でジャズギター演奏を習得するのは「かなり困難」との事である。重要なポイントに辿り着くまでに挫折する・・・ように意図的に制作されているのではないか?・・・というのが彼の言い分だ。

(2)プロにポイントとなる最低限の理論を教えてもらうのが近道なのか?
 再び、身も蓋もない話であるが答えは「Yes」だと思う。件のプロによると、「日本で独学でジャズギターを習得できるような教則本は見たことがない・・」との事であった。この意見には異論はあるだろうが、実は彼自身が教則本による独学に挫折し、結局はプロギタリストに直接習ったのだそうだ。ジャズギターの世界では子弟関係は確かに良くある。ロックじゃそんなのは余り無いですね。YouTubeのジャズギター講座には良心的なレッスン動画が幾つかあるが、やはり間接的ながら同様の事を表明している講師が何人もいる。

(3)レッスン供給サイドが「演奏ノウハウの出し惜しみ」をしてるだけではないのか?
 再々度、身も蓋もない話だが答えは「Yes」だと思う。ゴルフのレッスンと一緒である。つまり、虎の巻は容易(タダもしくは教則本やDVD程度の費用では)には入手できないという事である。

 上記(1)~(3)にあるように、ジャズギター演奏を効率良く習得するためにはプロに習うしかない・・・という結論を私は見出している。正に、身も蓋も無い結論であるが、ロックギター演奏が独学で比較的容易に習得できるので錯覚してしまうのだが、ジャズギター演奏は「理論」という高い壁があるので一筋縄ではいかない。ロックギターはペンタだけで何とかなるが、ジャズギターはそれじゃあ直ぐに行き詰まる・・・という表現が分かり易いだろう。ジャズ演奏の最も重要なポイントとして「スケールチェンジ」という技法があるが、大抵のロックギターオヤジはこれの必要性を理解していない。少なくとも私は理解していなかった。しかし、このスケールチェンジを理論をベースに自在に操れるようになると、正にそれがジャズになるのである。したがって、ジャズではコード進行の把握は極めて重要だ。ロックや弾き語りではコード進行はわからなくても手のパターンと感覚で何となくやれてしまうが、ジャズではそれだけではダメなのだ。直ぐに行き詰まる。「今、私はGm7を意識して演奏しております。もう直ぐC7を意識して演奏しますよーん」という演奏が必要なのだ。そして、このような演奏がほぼ無意識のようにできるようになると、プロのジャズギタリストになれるのである。

 ・・・と中途半端に結論づけてしまったが、後は皆さん独自に研究してみていただきたい。さて今回紹介するのは、大好きな竹内まりやさんの大ヒットアルバム。発売は1980年で、毎度おなじみの私の青春最後の年である。カラオケの定番である「セプテンバー」、資生堂CMソングの「不思議なピーチパイ」など素晴らしい曲が満載だ。久しぶりに聴いたが、本当に素晴らしいアルバムですなあ…。その中でA面5曲目の「五線紙」という曲が、我々世代のオッサンには大変人気があるのだ。竹内まりやさんのボーカルとコーラスの組み合わせなのだが、バッキングがジャズギターのみなのだ。もう、涙が出るくらい素敵な曲ですね。こんなのを是非やってみたいものである。


[PR]
by crossovermiddle | 2017-06-28 00:14 | 音楽全般

若い季節__岡田奈々

b0021712_09361834.jpg 1970年代は優れた音楽が多く生み出されたが、一方で優れたアイドル歌手も多数出現した。今回は、その中でも清楚な美貌で一部の若いニーチャンを虜にしていた岡田奈々さんのヒット曲「若い季節」を紹介したい。岡田奈々さんは当時凄い人気で、数々のヒット曲を誇っていたが、どの曲も青春歌謡の王道を行く素晴らしい曲ばかりである。「若い季節」は彼女の5枚目のシングルでリリースが1976年初夏。したがって、初めて聴いた時には、まだ私は10代の若者だったである。うーん、信じられん。ともかく、当時は「なんともスゲー曲だなあ」と思った。アホみたいな歌詞が1番から4番まであるのだが、実は内容は物語風でじっくりと聴くと味わい深くジーンとくるのだ。当時はこんな歌詞が多かったんだなあ…。歌詞のコンセプトが太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」に良く似ているので、「パクリか?」と思って調べたら作詞者はどちらも同じ松本隆氏だった。なるほど。私は歌詞は余り興味がないのだが、青春歌謡の歌詞は重要だ。
 一方、サウンドがこれまた素晴らしい。バックミュージシャンは誰だかはわからんが、人間臭いドラムス、ベース、そしてストリングスとカッティングギターの爽やかさは青春歌謡の王道を行くものであろう。このサウンドは良いなあ。作曲はあの佐藤健氏。セントラスステイションのメンバーで奥さんは大橋純子さん。この人は本当に才人ですね。参考までに、私のiTunesに登録されている岡田奈々さんのヒット曲の一覧を下記に示す。久しぶりに全曲をじっくり聴いたが、どれもこれも素晴らしい。特に、「若い季節」と同じ松本・佐藤のペアで制作された「雨のささやき」は当時の若いニーチャンには涙物の素晴らしい曲である。

かざらない青春3:26岡田奈々602歌謡曲63.2 MB
そよ風と私2:46岡田奈々602歌謡曲32.6 MB
ひとりごと3:26岡田奈々602歌謡曲23.2 MB
若い季節4:24岡田奈々1002歌謡曲234.1 MB
女学生2:54岡田奈々602歌謡曲42.7 MB
青春の分かれ道3:56岡田奈々602歌謡曲23.7 MB
手編みのプレゼント3:57岡田奈々0歌謡曲3.7 MB
横浜イレブン3:07岡田奈々0歌謡曲2.9 MB
青春の坂道3:45岡田奈々1002歌謡曲213.5 MB
雨のささやき4:14岡田奈々1002歌謡曲344 MB
放課後 2:33岡田奈々600歌謡曲3.6 MB


[PR]
by crossovermiddle | 2017-06-03 12:08 | 音楽全般

Good Morning__増尾好秋

b0021712_21593138.jpg 一昨日、湘南ベルマーレは宿敵アビスパ福岡に0-3で惨敗した。しかも、ホームである。極めて気分が悪い。気分が悪いので、昨日は馴染みのあるライブ酒場に出没した。初対面の店の常連客から「増尾好秋って知ってますか?」と聞かれたので、「当然、知ってますよ。Sailing Wonder は良く聞きました」と言うと、”話せるヤツ”との評価を受けたらしくその後は大盛り上がりで「70年代は良かった」論議に突入した。やはり、私と同じような音楽オヤジは現在の音楽に不満なのであろう。
 さて本日のテーマである増尾好秋氏の1979年発表のアルバム「Good Morning」だが、私は1979年に本アルバムを購入した。しかし、どうやらデジタル⇒アナログ化しないままに、2010年に売却してしまったようだ。つまり音源が無いのだ。しかし、最近はYouTubeと言う「音楽ビジネス破壊サービス」があるので当該アルバムを検索してみたらちゃんと音源がアップされていた。凄いなあ・・。
 増尾好秋氏は現在70歳だそうである。近影写真を見る限りは70歳にはとても見えない。親父さんがジャズピアニストだが、幼少は音楽教育的な事はなかったらしい。まあ、でも東京生まれで才能豊かな人だったんでしょうね。早稲田のジャズ研で頭角を現して、その後は一流ジャズギタリストへの道を驀進した訳だ。
 30年ぶりくらいに聴いたような気がするが、結構曲を覚えていた。A面3曲目の「ビコーズ・オブ・ユー」は好きだった曲で結構コピーをした。しかし、改めて聴くとこれはJazzアルバムとはとても呼べないな。Jazzギタリストマインドが研ぎ澄まされた状態で聴くと、ライトなポップスアルバムにしか聞こえない。天気予報のバックグラウンドミュージックである。70年代後半の「ふゅーじょんブーム」に乗っかったアルバムなのだろうが、本人は本意でこのアルバムを制作したのかな?

[PR]
by crossovermiddle | 2017-05-19 22:35 | 音楽全般

It's Uptown__Grorge Benson

b0021712_23291013.jpg 先月末に茨城県で田植え+ゴルフを楽しんだのだが、風邪をこじらせてGWはほぼダウン。5月3日は死ぬ思いでBMWスタジアムに行き湘南ベルマーレの試合を観戦したが、それが更に症状を悪化させた。年齢を重ねると共に症状が重くなり、長期化する傾向にある。まずいなあ・・・と思っているが、どうする事もできん。
 さて皆さんご存知のように私は「エレキギター弾き」の端くれであるが、アマチュアとしてはそれなりの腕前だと勝手に思っている。しかし、悔しい事にJazzギターだけはどうしても上手く弾けない。大学2年の時からJazzギター演奏に挑戦しているのだから、40年近くの時間が経過しているにも関わらず弾けないのだ。練習量が圧倒的に足らん・・のが最大の問題である事は明らかだが、一方で他のジャンルの曲の習熟速度と比較するとJazz曲の習熟速度は著しく低いのである。どうも、練習量以外にも何か課題が横たわっているではないか?・・とは感じていたのだが、決定的な解決策が見い出せないまま40年が経過した訳だ。40年って長いですね。会社も定年退職になっちゃう長さですね。
 このような状況の中、幸運な事に平塚近傍に在住しているプロのジャズギタリストに接触する機会を得た。そこで千載一遇のチャンスとばかり、これまでの40年間の苦悩を包み隠さず件のプロギタリストにぶつけてみた。『まあー、そんなもんでしょうねえ』というのが彼の回答である。要は我流で練習戦略立案も無しにいくら練習したって100年やってもJazzギターは弾けない。天才は別だけど・・・という事であった。一般的に考えると身も蓋も無い回答であるが、実は私にとっては神の啓示のような回答だったのである。思わず目からウロコが落ちる思いであった。技術的な面においては、下記のポイントが私にとっては重要であった。

(1)コードを意識する
(2)3度、7度を意識する
(3)3度上を意識する
(4)ⅡーVを意識して、ⅤでウルトラCを出す
(5)指盤上の1度、3度の位置を意識する

『今頃、そんな事を言ってるのか?』とベテラン・ジャズ演奏愛好家には呆れられそうだが、自分としては実に重要なのだ。楽器を演奏しない人には『なんのこっちゃ?』的な内容だが、興味がある人は知り合いのJazz演奏家にそれと無く聞いて欲しい。・・・という事で、Jazzギターの秘伝のカケラを知ったような新たな気分でYouTubeのJazzギターレッスン動画を視聴すると、なんと講師の言っている事(視聴者に伝えたいポイント)が僅かながらわかるのである。なるほど・・・、ナルホド・・・、成程ねー。実に気分が良い。
 気分が良いので、レッスン動画でお勧めだったグラント・グリーンの動画を見たがちょっと好みと違うので、その亜流的なジョージ・ベンソンのオッサンの動画を視聴した。それが今回紹介するアルバムの動画であった。このアルバムは1966年に発表されたので50年以上も昔のアルバムである。しかし、ベンソンのオッサンは既に普通のジャズギターとは一線を画したパフォーマンスを披露している。正直変わったアルバムであるが、天才の心意気がそこはかとなく伝わってくる気がする。

[PR]
by crossovermiddle | 2017-05-10 23:02 | 音楽全般

Circus Town__山下達郎

b0021712_12182796.jpg 今回もしつこく山下達郎師匠がテーマ。1976年に発表した彼のデビューアルバム「Circus Town」を紹介したい。彼は1953年生まれだから私より3歳年上だ。彼のキャリアに関する情報を色々読むと、本アルバムでデビューするまでの数年間は実に興味深い。師匠個人のキャリアも興味深いが、それ以上に彼を取り巻く日本の(東京の)音楽事情が興味深い。師匠のその当時のキャリアは、都立の進学高校に入学して、音楽ばかりやって勉強で落ちこぼれて、大学浪人を適当に過ごして、明治大学法学部に入学して、直ぐに大学中退して、仲間内でバンド作って、そのバンドで自主レコード作って、そのレコードが一部のキーマンに注目されて、音楽制作の現場に出入りするようになって、そのままシュガーベイブでデビューする・・・みたいな感じである。なるほどねー。カシオペアの野呂氏のインタビューなんかでも、やはり同じような雰囲気の事を言っている。センスの良い若い人たちが、それぞれのアンテナを高く張りつつ連携している・・・という感じだ。東京都下で青春時代を過ごした人は良いなあ。私のような田舎者には羨望しかないな。
 さて本アルバムであるが、デビューアルバムなのに達郎サウンドが確立している感があるのは凄い。B面1曲目の「Last step」は実に素晴らしい。全体を通して、音の作りは今と変わらないこだわりを感じる。バックの演奏に違和感(演奏ミス?)の残る部分が幾つかあるが、そのあたりは新人ミュージシャンの立場で徹底できなかったのかも知れない。半分は海外録音だし・・・。しかし、セールスがどうなるのかも良くわからない「山下達郎」と言うミュージシャンに、これだけのコストをかけてデビューアルバムを制作させてしまうのだから当時の音楽業界というのは幸せだったのだろう。






[PR]
by crossovermiddle | 2017-04-19 17:29 | 音楽全般

Ride On Time__山下達郎

b0021712_15520626.jpg  過去にこのような記事を投稿した。投稿後は周りから「釣りの調子は最近はどうですか?プププ・・・」みたいな扱いを受けている。当然であろう。その後、キス一匹と舌平目一匹を釣り上げているのだが、状況に変化はなかった。そこで、朝鮮半島情勢がキナ臭くなってきた・・という事もあるので、汚名返上的な話題提供のために4年ぶりに平塚海岸で投げ釣りを実施した。
 結果は、惨憺たるものであった。最初のキャスティングでサオの先端に装着されているガイド金具が外れてしまったのだ。簡単に言うと、「再びシマノ製の竿が壊れた」のである(添付写真参照されたい)。当然、釣果は0だ。どうですか?皆さん。私とシマノ製釣り竿との相性の悪さは抜群でしょう?エポキシ系接着剤で対応が可能・・・との情報がネットに展開されていたが、普通に考えると元に戻るとは思えない。さてどうしたものか・・・。
 ・・・という状況で紹介するのは、前回同様に山下達郎師匠の通算5作目のスタジオ版の大ヒットアルバム。前回紹介したように、日立マクセルのTVコマーシャルに採用されて大評判になったシングル曲「Ride on time」の超大ヒットで、山下達郎師匠は日本人に完全に認知されたわけだ。メデタシメデタシ。シングル版とアルバム収録版はアレンジが違うが、クオリティの高さはどちらも極めて高い。ともあれ、アルバムの最初から最後まで素晴らしい曲ばかりである。A面1曲目の「Someday」は日本ポップス史上に燦然と輝く名曲なのではないだろうか?このアルバムが売れまくっていた1980年は私の学生最後の年であり、翌年1981年4月から某機械メーカのサラリーマンとして苦難の道を歩み出すのだ。実に思い出深いアルバムである。
b0021712_15481902.jpg


[PR]
by crossovermiddle | 2017-04-12 16:21 | 音楽全般

Moonglow__山下達郎

b0021712_11343556.jpg
 私と同世代の音楽好きオッサンはそれなりに幸運な人生を歩んだと思う。ギリギリ年金が正しくもらえるのもありがたいが、1970年代に青春時代を過ごした・・・という事が意外と大きい。これについては過去にも何度か言及している。音楽を含めて色々な物にコンピュータが入り込む直前の時代であり、非コンピュータ系の環境が完成形を迎えた時期ともいえる。音楽も然りである。音楽にコンピュータが入り込む事は悪いとは思わないが、最近の若い人は「それしか知らない」というのが不幸なのである。我々世代は「両方知っている」のだ。しかも、多感な時代に完成度の高い音楽に接したのは幸運としか言いようがない。独断と偏見を踏まえて敢えて言うが、私と同世代のオッサンは日本で最も音楽がわかっている連中である・・・と断言したい(同世代のオバサンはわからん)。
 そのようなオッサンの中には「山下達郎大好きオッサン」はかなり多い。我々と山下師匠とはほぼ同世代だから音楽的な価値観も合うのであろう。しかし、良く知られているように、山下達郎という希代のミュージシャンの1970年代は苦難の時期なのだ。彼の苦難の時期を我々世代はリアルタイムで共有している。私の広範囲かつ綿密な調査によると、私も含めて下記のようなプロセスを経て山下達郎好きオッサンに変身している人が多い。

(1)1970年代後半に、何らかのきっかけで「山下達郎」というキーワードを認識する  ⇒ 私の場合
(2)1978年末に発表された4作目のアルバム「Go Ahead」を聴いてひっくり返る
(3)1979年にJALのタイアップソングに採用された師匠を既に知っている事に優越感を持つ
(4)1980年に発表された6作目のアルバム「Ride On Time」で師匠が大ブレークするのを呆然と眺める

 なるほどね・・・と思う読者も多かろう。今回ご紹介するのは、上記(3)で言及したJALタイアップ曲『愛を描いて -LET'S KISS THE SUN-』を収録する5作目のアルバム「Moonglow」。超傑作の4作目と大ブレークの6作目に挟まれた微妙な作品であるが、我々世代のオッサンは一度は聞いておかねばならない作品だ。一家に一枚は責務のような気もする。前述のタイアップ曲、A面2曲目の『永遠のFullMoon』、5曲目『FUNKY FLUSHIN'』が実に素晴らしい。背水の陣で制作した前作と比較すると、個人的には実験的な要素を持つ曲が多いと思う。しかし、師匠のキャリアにとってはこの5作目は極めて重要なんだろうなあ。



[PR]
by crossovermiddle | 2017-04-09 12:29 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31