2004年 06月 27日 ( 1 )

ヒアリングで行こう!!

愛する湘南ベルマーレが昨日も負けたので(まさに勝難ベルマーレ)、本日は気分がすこぶるよろしくない。

 さて引き続き勉強法の話だが、英会話教材を利用したヒアリング学習は非常に重要である。語彙力アップと平行して実施することが理想だが、通勤・通学の電車の中などで簡単に行えることから結構長続きしている方も多いと思う。
 しかし、この学習方法には悲しい落とし穴がある。私にとってその落とし穴とは『ヒアリング内容を聞いていない』という実に皮肉なものだった。ヒアリングをしているのに聞いていないというのはどういうことかと言うと、要は教材の音声が単なるBGMになってしまう現象のこと。ヒアリングをしていても、いつのまにか「部長に怒られた」ことや「前に座った女性がかわいいなあ」なんてことばかり考えてしまうのだ。人間の脳はうまく(と言うか意地悪に)できていて、興味のプライオリティが1ランク低下した『英会話教材の内容』なんかは銀河の彼方に追いやってしまう。こうなると、最悪の場合はヒアリングは時間の無駄になってしまう。
 私はある情報でこの問題点を知り自分に当てはめて見たが、確かにBGM状態になった教材の内容は全く覚えていないことを再認識した。ヒアリング学習においては、ヒアリング内容をBGMにしないように集中する必要があるのだが、個人的な経験から考えるとこれはかなり困難な作業である。
 この脱BGM化をどのように実現するかが、英会話学習を成功させる重要なポイントの一つであろう。どのように集中するか?これが悲しくも難しい大問題なのだ。
[PR]
by crossovermiddle | 2004-06-27 10:50 | 英語地獄

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30