ChicagoⅨ__Chicago

b0021712_712728.jpg  このところ連日のように信じがたい出来事が起こるので精神的に少々バテ気味だ。しかし、面白い国だな、この国は・・。理解ができん。
 さて晩夏というか初秋というか、このような不安定な時期に最適な一枚。シカゴの大ヒットベストアルバムである。購入は1975年。『また・・・・シカゴか』と言われそうだが、このアルバムで私のシカゴ所有アルバムの紹介は最後だ。良かった良かった。ははは・・・。
 本アルバムは大ヒットのChicagoⅧのすぐ後に発売された企画アルバムだが、米国では超大ヒットとなった。当時のシカゴの米国での人気は凄いものだったのだ。選曲は下記の通りだが、B面ラストのビキニングス以外は初期の大ヒット曲を網羅するという狙いからは妥当であろう。できれば、ビキニングスはイントロダクションにして欲しかったが・・。私は、ライブ盤であるChicagoⅣ以外は初期のアルバムは全て保有していたので、購入する必要はなかったのであるが、熱烈なフアンとしては買わざるを得なかったのだ。
 収録曲は全て有名なので、どこかで耳にしたことがあると思うが、個人的にはB面3曲目の『君は僕の全て(原題:Call on me)』が非常に良い。当時のシカゴの良さの全てがエッセンスとして織り込まれている素晴らしい曲だ。

<A面>
1. 長い夜
2. 一体,現実を把握している者はいるだろうか?
3. ぼくらの世界をバラ色に
4. 君とふたりで
5. サタデイ・イン・ザ・パーク
6. 愛のきずな
<B面>
1. ぼくらに微笑を
2. 渚に消えた恋
3. 君は僕のすべて
4. 遥かなる愛の夜明け
5. ビギニングス
[PR]
by crossovermiddle | 2008-09-13 07:15 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31