Bags Groove__Miles Davis

b0021712_11145311.jpg 4/1から1ヶ月間、大阪に出張なのでその準備をしなければいけないのだが、全くやる気が出ない。ゴルフ関連の道具等は準備したのだが、その他のアイテムが駄目だ。何を持ってゆくかも思いつかないのだからひどいものだ。
 ところで、先週の日曜日から光通信接続が可能となり、超高速なインターネットライフを満喫している・・・はずだったのだが、実はそうではないのである。確かに、回線速度を測定するサイトにアクセスしている限りでは50Mbps弱のスコアを叩き出しているのだが、実際のサイトにアクセスすると以前とそれ程大きな違いがない。考えてみれば、回線がいくら速くなったって受け側のサイトサーバが迅速にレスポンスを返してくれなければ、速くなるはずがないのだ。特に、私が贔屓にしている特殊なサイトでは全く速度改善が見られない。つまり、私が設置した光回線は常に待ち状態で、その実力のほとんどを浪費していることになる。現状は光回線の待ち時間に多大な通信フィーを払っているという有様である。人生は全てにおいて、思惑通りにはいかない。
 さてそのような状況の中でご紹介するのは、マイルス・デイビスの傑作アルバム『バグスグルーブ』。購入時期は全くはっきりしないが、1976年頃と推測する。このアルバムはとにもかくにも超名盤で凄いらしいのだが、まずは参加ミュージシャンが凄いらしい。下記のように、異なるテイクになっているのだが、確かに凄いなこれは。特に、御大セロニアス・モンクと相性の悪かった若造マイルス・デイビス(当時)がモンクに喧嘩を売ったセッションとの論評もある。どうも小難しいジャズの醍醐味・人間模様によるものなのだが、理解ができん。気に入らなければ、一緒に演奏なんかしなければ良いのだ。
 とにかく、私はジャズが良くわからないので何とも言えないが、初めて聴いた時は『何で、同じ曲が2曲続くのだ?』『エアジンってナイジェリアの綴りの逆なのか?』くらいの記憶しかない。ジャズの名盤というのは何が凄いのか理解するのは難しい。

Miles Davis, trumpet
Sonny Rollins, tenor sax
Horace Silver, piano
Percy Heath, bass
Kenny Clarke, drums
→1954.6.29のテイク

Miles Davis, trumpet
Milt Jackson, vibes
Thelonious Monk, piano
Percy Heath, bass
Kenny Clarke, drums
→1954.12.24のテイク
[PR]
by crossovermiddle | 2008-03-30 11:51 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30