The guitar__和田アキラ

b0021712_1139292.jpg  私の家は賃貸のボロ屋なので、電気製品の利用組み合わせによって頻繁にブレーカが落ちる(まあ、もうすぐ引っ越すからどうでも良いけど・・)。今日も、電気炊飯器の動作が佳境に入った段階で、二男が電子レンジを立ち上げた途端にブレーカが落ちた。家に4台あるPCの中で、唯一の「デスクトップタイプ」である私のPCだけがいきなりダウンである。これで何回目だろうか?心臓がひっくり返りそうになる。しかし、こんな無茶苦茶な電源ダウンが頻繁にあるにも関わらず、WindowsXPは何事もなかったように復帰するのには感心してしまう。けなげなOSである。

 さて今回はプリズムの和田アキラ師匠の『The Guitar』である。購入時期は不明だが、1983年頃か・・・。表ジャケットの師匠の若々しい写真が印象的だ。今では、ただの腹の出たオッサンである。このアルバムは純粋な彼のソロアルバムというよりは、ギター教則アルバムの色彩が濃い。『モーニングライト』、『ラブミー』などのプリズムの初期の名曲+新規曲をA面とB面に分けて録音している。B面はギターマイナスワンがミソである。要はギターカラオケなのだ。師匠の演奏を聴いてから、それを参考にカラオケでギターを弾くという企画だが、はっきり言って余り良くない。大体、師匠の演奏を参考にしろって言われたって、そんなこと出来るわけがないのだ。彼の演奏は参考にするのではなくて、驚くために存在するのである。と言うことで、何とかひたすら自己流の速弾きにトライしてボロボロになって自己嫌悪に陥るだけなのだ。
 情報によると、師匠もこのアルバムを発表したことを後悔しているようである。A面の模範演奏も、正に『模範演奏』と言う感じで余り感動しない。
[PR]
トラックバックURL : http://crossoverm.exblog.jp/tb/8111417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by crossovermiddle | 2008-03-01 11:44 | 音楽全般 | Trackback

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30