Fragile__YES

b0021712_21122092.jpg 余り好きではなくなってしまったイエスの4枚目のアルバム。購入は1977年。私が初めて購入したイエスのアルバムである。以前に『自分で購入したのアルバムはイエスソングスと究極のみ』と書いたがこれは間違いであった。ともかく、イエスのビックバンドへの歩みはこのアルバムから始まったのだろう。彼らの歴史をコンパクトにまとめたサイトがあったので読んでみたが、やはりこのグループの活動はサウンドと同じようにややこしい。このサイトには珍しく『リレイヤーが名盤との呼び声もある』という特殊かつうれしい一文がある。個人的には『リレイヤー』が一番好きなのだ。もう少しリレイヤーは評価されても良いと思うのだが・・。
 さて本アルバムであるが、アルバム名が原題=邦題(こわれもの)なので好感がもてる。どうでも良いことだが・・。セールスとしては全英7位、全米4位のヒットを記録したようだ。イギリスのバンドのなのに、アメリカの方が順位が上とはどういうことだ?イギリス人というのはどうも良くわからん。
 リック・ウエイクマンという恐ろしい才能のキーボーディストを迎えて、スティーブ・ハウの狂気のギターが縦横無人に駆け巡るサウンドは凄いの一語に尽きる。しかし、何度も言うようだがサウンドがゴチャゴチャしてるのだ。やはり、イエスは疲れる。日々、残業でヒーコラ言っている今の精神状態には全くそぐわないサウンドだ。イエスは若いうちに聴くのが良い。
[PR]
トラックバックURL : http://crossoverm.exblog.jp/tb/5377538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by crossovermiddle | 2006-07-30 15:42 | 音楽全般 | Trackback

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31