Machine Head___Deep Purple

b0021712_2111155.jpg不眠症が理解できない。私の場合、『悩みがある』→『ふて腐れて寝てしまう』のパターンになる。正直、不眠症の人が羨ましい。眠れないのだから、解決策をじっくり考える余裕があるわけだ。私は、すぐ寝てしまうので、あっという間に『悩み』に直面する時間になり、更にストレスが溜まってしまう。現在の私のストレスの溜まり方ならば、不眠症の人は3ヶ月は眠れないだろう(私は10秒で眠れる)。要は、デリカシーのかけらもない性格なのだろうが、逆に眠くなってしまうというのは何とかならないだろうか?
 そこで、今回は眠気を吹き飛ばすようなハードな一枚。ディープパープルの大ヒットアルバム『マシンヘッド』である。購入は1981年。スピード感溢れる『ハイウエイ・スター』、冒頭のリフが余りにも有名な『スモークオンザウオータ』など名曲揃いである。自慢ではないが、私は『ハイウエイスター』のギター完全コピーを達成したことがあるのだ。フフン(・・と言うほどでもないが)。とにかく、私と同世代のロックギターオヤジは一度は彼らのコピーをやっているはずだ。それなのに・・・、私の息子の世代では全然取り上げられないのだな、これが。以前にも書いたが、息子の高校の軽音楽部の演奏会を2時間辛抱して聴いたことがあるが、ディープパープルぽいサウンドはかけらもなかった。全部、理解不能なロックである。何を唄ってるんだかさっぱりわからない。個人的な救いは女子高校生が参加していることぐらいである。まあ、ギターのチューニングもまともにできない連中だから、無理もないのかもしれないが、もう少し古典ロックを勉強してもらいたいものだ。何の話だかわからなくなったが、とにかくディープ・パープルは素晴らしいバンドだ。
 先ほどの『ハイウエイスター』だが、難曲ではあるが意外に形だけはつけやすい。つまり、雰囲気はすぐに実現できるのだ。エレキギターの演奏はその曲に合ったトーンをうまく選べば、半分は成功したようなものである。あとは、雰囲気だけで弾けば良いのだ。実に楽である。それに比べて、嫁さんが習っているアコースティックギターはなんと難しいことか・・・・。
 
[PR]
by crossovermiddle | 2006-07-08 15:03 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31