Winton Marsalis___Winton Marsalis

b0021712_2203050.jpg 5月だというのにいつも雨だ。雨は嫌だなあ。特に平日雨だと会社に行きたくなくなる。最近、大学時代の友人が「ギターを買ったぞ。どうだ。羨ましいだろーーーけけけけけ」とメールを送ってきた。しかも、こやつが購入したのはポール・リード・スミスという知る人ぞ知る高級エレキギターだ。モノによっては私のSGの3倍の価格がする。素直に「羨ましい」。しかし、ギターに興味がない人にはデンデケデンのたかがエレキギターに100万円近い金を投下するギターマニアの気持ちは理解できないだろう。私でも理解できない。やはり、エレキギターへの投資は30万円までである。
 さて実に羨ましい友人の話はさておき、今回のアルバムは久しぶりに本格派ジャズである。超大物トランペッターのウイントン・マルサリスのデビューアルバムだ。購入は1983年。今でこそ大物だが、本アルバム発表当時は弱冠20才のガキである。しかし、既に将来を約束されていたのが彼だ。若くして演奏能力は達人の域にあったようだ。本アルバムのプロデュースはこれまた大物のハービー・ハンコック。パーソネルはハービーの他にはロン・カータ(B)、トニー・ウイリアムズ(Ds)である。凄い。正に次代のジャズ界を背負う重要ミュージシャンのデビューアルバムなのだ。本アルバムのライナーノーツを読むとべた褒めである。そりゃそうだろうなあ。私はジャズは良くわからないが、本アルバムの演奏は素直に素晴らしいと褒めたい。やはり、演奏能力の高いトランペッターのジャズアルバムは良い。
[PR]
by crossovermiddle | 2006-05-27 22:19 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30