闘牛士___Char

b0021712_1484790.jpg 前回に引き続いてアナログ・シングルレコードである。今回は日本の生んだスーパーロックギタリスト Charの「闘牛士」である。購入時期は良く覚えていないが、1970年代末だと思う。本来はカテゴリ的にはロックなのだろうが、当時の状況を考慮するとやはり歌謡曲に入れざるを得ない。ところで、スーパーギタリストのChar氏は私と同学年である。こうやって考えると、私の同学年には私を含めてスーパーギタリストが多いのだ(和田アキラ、野呂一生)。神から選ばれた世代なのだろうか?そうでもないか・・。
 さて、このレコードに納められている「闘牛士」であるが、もちろんChar氏の作曲である。当然、ギター演奏もChar氏だ。確か、フェンダーのテレキャスターを弾いているはずだ。冒頭のカッティング・ギターは格好良いのだが、肝心の中盤ソロが冴えない。なんでこんなにショボイのかなあ。昭和歌謡曲史の謎の一つであろう。
 Charというギタリストは不思議な人物である。医者の息子か何かで都立高校に通っていたくせにスタジオミュージシャンになり、「天才」とか言われて、図に乗って歌謡曲界に進出して、ギターフリークのひんしゅくを買って、消え去るかと思ったらいつの間にかカリスマギタリストに収まっている。個人的には一度も凄いと思ったことはないのだが、知り合いの凄腕プロギタリストがかなり信奉しているので気になってしまうのだ。やはり、これも好みの問題か?とにかく、もう少し指を速く動かして欲しいのだが・・・。
[PR]
by crossovermiddle | 2005-12-25 14:24 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30