Hotel California___Eagles

b0021712_208767.jpg 本日は久しぶりの「文化の日」である。息子達が通う高校の文化祭に出かけた。目的は合法的な女子高生ウオッチングではなく軽音楽部の無料ライブだ。2時間拝聴したが、知っている曲は一曲も無し。内容は理解不能である。残念ながらエンターテイメントのカケラもなかった。
 最近の高校生事情に困惑したところで、無性に青春時代にタイムトリップしたくなった。ということで、今回のアルバムはロック史上に燦然と輝く名盤中の名盤、イーグルスの「ホテルカリフォルニア」である。購入は意外に遅くて1982年。本アルバムが1976年に発売された時はロックファンはかなり色めき立った。何故かはわからないけど・・・。私がとやかく講釈垂れるようなヤワなアルバムではないので講釈は垂れないが、やはりA面1曲目と2曲目は名曲だ。イーグルスの最大の魅力はコーラスワークが巧みなことである。ギターは余りたいしたことはない。とにかく、コーラスワークだ。コーラスワークが上手いとメジャーになれるのである。
[PR]
トラックバックURL : http://crossoverm.exblog.jp/tb/3719801
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by crossovermiddle | 2005-11-03 20:25 | 音楽全般 | Trackback

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31