Land of the midnight sun___Al Dimeola

b0021712_2338217.jpg 超ハイテク光速ギタリスト アル・ディメオラの初リーダアルバム。苦節、25年。やっと奪回した。購入は1977年。以前に紹介した「エレガント・ジプシー」よりは、サウンドがかなりグチャグチャである。なにせ、サポートメンバーが以下である。やけにベースが多い。ドラムスも多い。ただし、全員が超スーパーミュージシャンである。全く、何なんだこれは?ジャコ・パストリアスのベースとレニー・ホワイトのドラムスである。まいったなあ。別に悪い意味ではなくて、グチャグチャなのだ。
Anthony Jackson : Bass
Stanley Clarke : Bass
Jaco Pastorius: Bass
Steve Gadd : Drums
Lenny White : Drums
 アル・ディメオラは知る人ぞ知る超速弾きギタリストだ。以前からしつこい程述べているが、私は「速弾きギター」が大好きなのである。本アルバム購入当時(1970年代)は「速弾きギタリスト」は結構希少性が高かった(・・と思う)。アラン・ホールスワーズ、和田アキラ、そしてこのアル・ディメオラくらいしか真の速弾きギタリストはいなかったと思うのだが、最近調べてみるとウジャウジャいることが判明した。それこそウジャウジャいるのだ。特に、最近驚いたのは日本のヘビメタバンドの「セックス・マシンガン(しかし、凄い名前だな・・)」のギタリストである。速いなんて生易しいものではない。しかし、同僚のヘビメタ野郎に言わせると、日本のヘビメタ業界には他にもウジャウジャ速弾きギタリストが存在しているというのだ。うーむ。ヘビメタ恐るべし。ヘビメタは全く聞かなかったが、これから研究する必要がありそうだ。
 さて、肝心の本アルバムであるが、はっきり言ってつまらない。まあ、アル・ディメオラのアルバムに高度なサウンドを求めるのは間違いなので、「速いなあ・・・」と感心しながら聞けば良いのだ。
[PR]
トラックバックURL : http://crossoverm.exblog.jp/tb/3165258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by crossovermiddle | 2005-07-21 23:43 | 音楽全般 | Trackback

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31