Jive Jive___Casiopea

b0021712_2061759.gif カシオペアの10作目。購入は1983年の末。結婚の2年前である。そんなことはどうでも良いのであるが、この頃は独身だったこともあり仕事も結構楽しかった。何よりも、自分の将来・日本の未来に何の疑問も持っていなかったし、とても自由でハッピーな期間であったと言える。
 そんな楽しい頃に発表されたカシオペアのアルバムであるが、前作のフォトグラフスと比べると、全体的に実験的な曲が多い。特に、A面最後の「Secret Chase」は親しみ易さを売りにしていたカシオペアにしては異質な感じがする曲である。エンディングの野呂氏のギターソロはかなり奥行きのあるリバーブ処理を施したトーンで、これまでの彼のギターソローとは一線を画した演奏だ。この当時は急激にデジタル楽器が進歩していた頃なので、向谷氏の演奏するキーボードもかなり厚みのあるサウンドを意識した演奏となっている。曲は素晴らしいとは思うのだが、当時は賛否両論あったようだ。B面1曲目の「Fabby Dabby」は一転して従来のカシオペアサウンドなので安心する。この曲は傑作である。そして、B面2曲目は大好きな「Living on a Feeling」である。コード進行がとても洒落ていて、さりげないボーカルも実に心地よい。作曲は神保氏であるが、本当にこの人は素晴らしいサウンドクリエータだなあ。この曲も本当に傑作である。
[PR]
by crossovermiddle | 2005-05-29 20:29 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31