Gentle Giant__Gentle Giant

b0021712_20020830.jpg 湘南ベルマーレはアウエー大分で超消耗戦を闘いドロー。福岡が敗退したため、なんと首位である。うーむ。そして、わが平塚市では昨日から3日間にわたる灼熱と阿鼻叫喚の祭典「平塚七夕祭り」が開催されている。恐ろしくて、平塚駅周辺にはしばらく近づけない。今年は珍しく3日間とも好天なので、数十万人も集客する会場周辺の蒸し風呂状態は想像を絶するのだ。何事もなく平穏のうちに終了してもらいたいものだ。
 さて今回は英国発のプログレッシブ・ロック・バンドであるGentle Giantのデビューアルバム。A面一曲目から何とも複雑怪奇な構成だ。私の大好きなメロトロンも登場してくるなあ・・・。いやはや・・・。本アルバムの発表は1970年だから遥か昔である。黄金の70年代に音楽にドップリ浸かった私であるが、Gentle Giantは全く馴染みが無く、本デビューアルバムも聴いた事がなかったのだが、いやはやビックリするようなサウンドだ。ジャケットも強烈だがサウンドも強烈である。当時はこんなサウンドでもビジネスになったんだなあ・・・と少々考え込んでしまった。メンバーは全員が英国屈指の腕利きミュージシャンらしい。たしかに、こんなクルクルパーみたいな構成の変拍子曲をトランペットやらバイオリンやら織り交ぜて演奏しちゃうんだから凄い。しかも、どうやらこんなクルクルパーみたいな構成の変拍子曲をライブで演奏していたらしい。サウンド・コンセプトはキング・クリムゾンに良く似ていると思う。クリムゾンはロバート・フィリップという個性の強いギタリストの演奏がメインであるが、こちらの方はとらえどころのないサウンドであるとも言える。うーむ。難しい…。だが意外と聴き応えはあるなあ・・・。
 とにかく、久しぶりにThe プログレみたいなサウンドを聴いたので頭が痛くなった。2017年時点でこのグループのサウンドを若い人が聴くイメージを全く描くことができない。

[PR]
by crossovermiddle | 2017-07-08 21:21 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31