米国映画が見たいよー

最近はInternetでクオリティの高い動画が見られるようになったため、米国で封切られる最新映画のtrailerなどをリアルタイムで鑑賞することができるようになった。今日も暇に任せて米国の映画サイトにアクセスして色々なtrailerを鑑賞していたのであるが、このような情報に接すると米国では想像以上に多くの映画が製作されており、日本で公開されるのはそのうちのほんの一部の作品であることがわかる。しかし、口惜しいことにtrailerの英語が全然わからないのである。どんな映画かは映像があるので理解はできるのだが、肝心の英語が全然わからないのだ。くそー。こんな早口の英語は米国人だってわかるはずないのだ・・と自分を慰めてもしょうがないのだが・・。
 ところで、trailerで非常に気に入った映画でも、日本での公開の予定がないような作品はたくさんある。これは映画マニアとしては、非常にフラストレーションが溜まるのだ。昔は映画の存在そのものを知らなかったので気にならなかったのだが、存在を知ってしまうと一日も早く見てみたいと思うのが人情である。例えば、最近私がめちゃくちゃ肩入れしているLindsay Lohanの出世作である「Freaky Friday」は米国の封切りは2003年の8月なのに、日本では2004年の5月である。ほとほと待ちくたびれてしまった。全米で1億ドル以上の興業収益を上げた作品でも日本での話題性が低いとこの有様である。スパイダーマンだとすぐに公開されるのに・・。
 しかし、Intenet技術の進歩によりいずれは映画も配信方式で鑑賞するようになるだろうから、ビジネスの観点から考えると日本語パッケージでレンタル用として流通する作品はこれまで以上に減るはずだ。そうなると、話題性の低い作品を鑑賞するためには、米国のプロバイダと契約して配信鑑賞をしなければならない。この場合、日本語字幕スーパーインポーズは準備されないだろうから、英語会話をある程度理解できないと映画を楽しむこともできなくなる。映画を見るために英語修行が必要になるという前向きの動機にもなるかも知れないが、映画を字幕無しで楽しむのは結構なレベルの英語能力が求められる。現在の私のレベルでは、映画鑑賞というよりはヒアリング拷問のようなもので、映画を楽しむというのはほぼ絶望的である。英語を取り巻く環境は色々とやっかいなことが多い。
[PR]
トラックバックURL : http://crossoverm.exblog.jp/tb/25948992
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by crossovermiddle | 2004-10-14 14:43 | 人生 | Trackback

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30