高所恐怖症とゴルフ

唐突であるが、私は高所恐怖症である。その他にも先端恐怖症(尖ったものに対する恐怖)と閉所恐怖症(閉じこめられることに対する恐怖)であり、そして女性恐怖症(人間の女性に対する恐怖)でもある。このように、各種恐怖症に苦しめられている私だが、やはり一番身近な恐怖として認識するのは高所恐怖症である。英語ではacrophobiaと言う。どのくらいの高所恐怖症かと言うと、椅子の上に乗って直立するだけで恐怖を感じるレベルである。飛行機は部屋みたいなものなので、即座に寝てしまえばなんとかなる。ちょっとした高さが恐怖なのである。子供の頃はそれ程ではなかったのだが、大人になってから強烈に高所恐怖を認識するようになった。世の中には私と同じような人が結構いるらしく、以前に読んだ中国の万里の長城を見学した高所恐怖症の人の手記は面白かった。万里の長城というのは有名な観光名所であるが、高所恐怖症者にとっては結構ハードな場所らしいのだ。件の観光客は恐怖の余り途中で動けなくなり、大変な思いをしたそうだ。多分、長城の上部は10メートル程度の高さなのだと思うが、高所恐怖症者にとってはまさに地獄なのであろう。私は手記を読んでビビリ、「絶対に万里の長城には近づかない」と心に誓ったものだ。
 しかし、世の中には人間とは思えないような、高所平気人間がいっぱいいる。ガケを登る人、鳶職人、煙突掃除人等々。特に、静岡県沼津市駅前で駅前百貨店の壁に設置された足場をグングンと登ってゆく鳶職人の作業を目撃した時は余りの凄さにめまいがした。作業の最高部は30メートル程度あると思われたが、そこを命綱なしでヒョイヒョイと動き回っているのである。私なら、2秒で気を失うだろう。世の中には凄い人達がいるものである。
 幸い、私は鳶職人でもないし、ガケを登る人でもないので、これまで高所恐怖症で本質的に困ることはなかった。しかし、最近身近なところで高所恐怖症を認識してしまったのである。それは、ゴルフ練習場である。「また、ゴルフの話か・・」と言われそうだが、その通りなのである。先日、ゴルフ練習場にいって2階打席で練習しようとしたとたん、高所恐怖が出てしまったのである。高さが気になって、ゴルフ練習にならない。自分でも驚いてしまった。世の中には、3階席を有する練習場もあると聞くが、絶対に練習にならないだろうと思う。「バカじゃないの?」と思われそうだが本当なのだ。高所恐怖により、2階打席より上で練習できないゴルファーは日本でも私くらいかも知れない。 
[PR]
トラックバックURL : http://crossoverm.exblog.jp/tb/25948850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by crossovermiddle | 2005-05-10 14:07 | 人生 | Trackback

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30