Death And The Flower___Keith Jarrett

b0021712_2124297.jpg 色々あったので気分転換の目的で本Blogのスキンを変更してみた。雰囲気が結構変わるので、これはなかなか興味深い。さて、今日二枚目のデジタル化アルバムは、キース・ジャレットの「生と死の幻想」である。購入は1978年頃。このアルバムをどうして購入したのかは、さっぱり思い出せない。当時は、キース・ジャレットを聴くのがオシャレだったのかな?ともあれ、全く内容を思い出せないアルバムなので、いつものように嫌ーな予感を抱きつつ、アルバムに針を落とす。
 いきなり、現代音楽+民族音楽 風のパーカッションだ。私の一番苦手な「小難しいJAZZ」の展開だ。これはヤバイ。辛抱して聴いてゆくと、やっとJAZZになった。ラッパも出てきたぞ。良かった。良かった。とは言え、やっぱり小難しそうな高尚なサウンドだなあ。あれ、・・・そうでもないかな。意外に良いではないか。うーむ。なかなか良い。ほほう。
 ライナーノーツが凄い力作である。文字が多い。読む気は全くしない。斜め読みしてみたが、結局何が言いたいのか難し過ぎて良くわからなかった。本当に私はJAZZの知識がないなあ・・と痛感する。ともあれ、針を落とした瞬間は「ゲゲ」と思ったが、それ以降は実にリリカルなピアノが印象的な上品なJAZZだ。間接照明の部屋で渋く聴くことをお薦めしたいアルバムである。
[PR]
by crossovermiddle | 2005-03-06 21:37 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31