Black Sabbath__Black Sabbath

b0021712_8163090.jpg 昨年2013年は人前で楽曲を演奏する機会が多く、音響関係について色々と貴重な経験を積むことができた。音響といっても要はPAの利用についての経験である。この説明サイトにもあるようにPAとは『演奏した音を聴衆に届けるためのシステム』である。まあ、ほとんどの人が『そんなの知ってるぜ』と言うだろうが、実は意外に皆さん実態を知らない。私も自分自身でライブを経験するまでは、実はわかったような気になっていただけで余り知らなかったのだ。

 ライブ未経験の若者だった時は、プロのミュージシャンのライブステージの左右に置いてある巨大なPAスピーカ群は、プロ仕様の超大型ギターアンプ・・だとずーっと思っていた。『さすが、プロはスゲーなあ。金あるなあ・・。あんなデカイギターアンプでいつかは演奏したいものだあ』と考えつつ、1万8千円のYAMAHAの小型ギターアンプに通販で購入したEギターをつないでボソボソやっていたのだ。

 しかし、ご存じのようにあれは大型のギターアンプではなく、超大出力のスピーカである。ステージ上で演奏されている各楽器の音を収集して、ミキサーで混ぜて、多少音を加工して、その信号をこれまた強力なアンプで電力増幅して、スピーカに入力して会場に巨大な音を響かせているのである。

 『ふーん。そうなの?要は大出力オーディオシステムって事ね?』・・その通りである。これについては、理解に関して何ら問題ないだろう。ライブハウスのスタッフに宜しくお願いしまーす・・と言って、後はひたすら演奏すれば良いのだ。

 しかし、ここでEギターとEベースギターという楽器において、以前にも紹介した『コンソール問題』が発覚するのである。この2種類の楽器は本当に色々と面倒臭いのだ。

 まずはEギターについて。前述のPAの機能プロセスの説明において、『ステージ上で演奏されている各楽器の音を収集して・・』というプロセスがあるが、Eギターにおいてはここで『ギターアンプ』という特殊なコンポーネントが登場するのだ。そして、このギターアンプの性能がサウンドに大きく影響を与えるようになったのが、いわゆる『ハードロック』の世界である。疲れたので、詳細は次回。

 それで今回はせっかくだから、『ハードロック』の代名詞バンドとも言えるブラックサバスが,1970年に発表したデビューアルバムを紹介する。後の様々なハードロックバンド(特にヘビーメタル系)に多大な影響を与えた偉大なバンドであるが、このアルバムを聴くと確かにその要素がタップリ詰まっている。

 同時代に活躍したパープル、ストーンズ、クリムゾン等々に似たサウンドが随所で顔を出すのが非常に興味深い。このようなサウンドをベースにしたライブコンサートを成功させるためには、本当にPAの活用がキモになるのである。

[PR]
トラックバックURL : http://crossoverm.exblog.jp/tb/21869603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by crossovermiddle | 2014-01-19 09:06 | 音楽全般 | Trackback

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31