Carmel__Joe Sample

b0021712_6204333.jpg  ベルマーレは昨日の試合で、昨年のJ1リーグ覇者サンフレッチェに0-2で惨敗。悔しいので、今回は気分直しのために爽やかなフュージョンの名盤をテーマにしたい。クルセダーズのキーボーディストとして名高いジョー・サンプルの3枚目のソロ・アルバムである。アルバムの発表は1979年で、大学の研究室の友人が『どえりゃーええでえ!!』とか言って買ってきたように記憶している。確かに、当時は奥様、お嬢様達に結構な人気だったそうだ。
 久し振りに聴いたのだが、正直『うーん』という感じ。30年以上前の爽やかピアノ・フュージョンであるがどうも良くない。何か『うーん・・・』かと言うと、リードが生ピアノだからだ。別に生ピアノが嫌いな訳では無いが、Jazzyな爽やかフュージョン曲は生ではなくて、エレピを使用してもらわないといかん。生ピアノでリードとると、何だかお上品になってしまうのだ。『お上品の何がいけないのざますか?』みたいな反論が、お上品な方達から舞い込みそうだが、爽やかJazzなんてお上品にやってもらったら困るのだ。かなり暴言だけど・・。・・・ということで、このアルバムは私に取ってはちょっとつまらない。
 しかし、A面最後の『A RAINY DAY IN MONTEREY』は、唯一エレピがソロを取っている名曲だ。やはり、70年代の爽やかフュージョンはこうでなければいかん。素晴らしい。ただし、この類をライブの演目にするのは相当な覚悟が必要だ。良い曲が必ずしも演目として受けるとは限らない。ライブは難しい。

 ところでライブについでで話は変わるが、私のように定年間際のオッサンになると『老後はどうやって時間をつぶそうか?』みたいな事を真剣に考えるようになる。最近は65 歳までの嘱託雇用延長、年金制度見直し等考慮すべきパラメータが多くて、我々オッサン連中は『今後の人生がどうなるかは何だか良くわからんが、今のうちに何か芸を仕込んでおかなければ・・・・』という脅迫観念状態に陥っている。そのような背景により、私は最近釣りにチャレンジしているのだ。同じ事で悩んでいる他のオッサン連中の選択肢の一つが『楽器演奏に挑戦する事』である。そこで、オッサンのくせにバンドライブ活動なんていう派手な動きをしている私は彼らの注目の的であり、色々と相談を受けたりするのだ。・・・で、『バンド活動って楽しい?』って聞かれるので、『人間関係が辛いよ』とひとまず答えることにしている(ウソだけど・・)。
 実は、我々の近傍世代にはギターをある程度弾けるオッサンがやたらと多い。中学、高校時代に歴史的なフォークブーム(吉田拓郎、かぐや姫、NSPとか)に巻き込まれたからだ。『・・・僕の髪イイイがあああ、・・肩まで伸びてええええ・・』なんてやっていたわけですね。しかし、ギター演奏を歯を食いしばって継続した私のようなオッサンと、それとは疎遠になってしまったオッサンとでは、今になって人生において大きな差がついてしまったのであるぞよ。継続は力なり。ざまあみろ。ケケケケケ・・・と、質問者のお悩みオッサンに偉そうにネチネチ言うと嫌ーアな顔をする。そこで、彼等には『・・・ギターはオッサンバンドにおいては供給過剰状態なので、バンド活動がしたいのだったら、ベースかドラムスをやった方が良いよ』とアドバイスしている。これは、まじめな正しいアドバイスのつもりだし、自分もそうやって現在のバンドに関わっている。要は、バンドの華であるリードギターのポジションをあきらめれば良いのだ。このポジションは、若手に譲るべきなのだ。オッサンバンドに参加する事が目的で、ギター演奏にそれほどこだわりがないのなら、絶対にこちらの選択肢の方が楽しい人生になると思う。ギターの素養がある程度あるならば、趣味の自己満足ヨレヨレオッサンバンドが要求する演奏品質のベース/ドラムは、3ヶ月程度の猛特訓で何とかなると思われる。ただし、歌が上手ければ絶対有利だ。実は、世の中のバンドで一番不足しているのは優秀なボーカルだからだ。
 それからもう一つ。ヒーローになることをあきらめきれずに『Saxって金管と違って吹けば音出るから簡単そうだなあ・・』とか『フルートって上品だし、女性に何となくモテそうだなあ・・』なんて事を安易に表明するオッサン連中が一部にいる。愚か者!!と声を大にして言いたい。管楽器をバンドで演奏するなんて100年早いわ。理由は面倒臭いから書かないが、管楽器に初挑戦してオッサン・バンドのヒーローになって奥さんや娘さんにキャーキャー言わそうなんて簡単には考えない方が良い。
 
[PR]
by crossovermiddle | 2013-05-26 06:49 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31