Mirage__Camel

b0021712_12481765.jpg 昨夜のJリーグ 湘南ベルマーレ対大分トリニータの未勝利チーム同士の一戦はひどい事になった。今回はしっかりと湘南ベルマーレ純正ポンチョで完全武装したつもりだったのに結局ずぶ濡れである。しかも、寒くて死にそうだった。でも、勝利したから良いのだ。うーむ。
 さて今回のテーマも好評にお応えしてプログレッシブ・ロックである。叙情派プログレで有名なCamelですね。彼らが1974年に発表した2枚目のアルバムであるMirageである。先程数十年ぶりに全編を聴いたが、ギターが相変わらず特徴的だ。しかし、しみじみ思ったのだがこのアルバムを聴くと、プログレが絶滅危機に瀕した理由が何となくわかってくる気がする。とにかく、くどいし、自己満足的なサウンドなのだ。Yesもそうだが、とにかくプログレは『くどい』。これは間違いなく言えるな。1960~70年代はミュージックシーンがまだ発展途上だから、このような類の音楽にも多くの賛同者がいたのだろう(私もその一人)。しかし、世界が激動・グローバル化に突入した1980年代以降は、もう少しストーレートでエモーショナルで、お子様っぽいサウンドが求められたのだろうな。Fusionの衰退も同様。まあ、どうでも良いけれど、『くどい』のはまずいなあ。
[PR]
by crossovermiddle | 2013-04-21 12:58 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30