Tarkus__Emerson,Lake&Palmer

b0021712_13463997.jpg 物事をちゃんと進めるためには、『まともなリーダ』と『豊富な経験』っていうのが不可欠ですな。特に、リーダがアホだと話にならん。日本国の前政権政党やらの例もそうだし、私の身近にも沢山惨めな事例がウジャウジャと存在している。リーダという観点について言えば、私は現在音楽バンドのバンマスという種類のリーダの重責(?)を担っている。経験という観点からも、流石にかなりの大中小ライブをこなしてきたので、少しは蓄積できたかなあ・・と思っている。バンマスっていうのは、基本はメンバーのスケジュール管理、スタジオ予約、練習後の二次会の宴会場予約が仕事である。そう言うと身も蓋もないが、平時はそれが仕事である。ところが、人間関係のもつれの修復や、メンバーの離脱の引き留めや、新規メンバーの発掘みたいな作業の必要性が出た場合は結構大変だ。特に、『人間関係のもつれ』はプロもアマも関係ない。結構、揉めるときは悲惨である。幸いにして、私のバンドは皆さんはエクセレントで誠実で温厚で思いやりのある方達ばかりで(エヘヘヘ・・)、人間関係でバンマスが苦労することは皆無(・・・でもない)。とにかく、物事はリーダと経験である。
 さて今回は、フュージョン音楽と並んで絶滅危惧種に指定されているらしい『プログレッシブロック』の名盤を前回同様取り上げたい。ELPのタルカスである。このアルバムは実に素晴らしい。A面はタルカスが、以下のような組曲として収録されている。
1.タルカス - Tarkus
(1)噴火 - Eruption (Emerson)
(2)ストーンズ・オブ・イヤーズ - Stones Of Years (Emerson/Lake)
(3)アイコノクラスト - Iconoclast (Emerson)
(4)ミサ聖祭 - Mass (Emerson/Lake)
(5) マンティコア - Manticore (Emerson)
(6) 戦場 - Battlefield (Lake)
(7) アクアタルカス - Aquatarkus (Emerson
 うーむ。良いなあ。ベースが良いね。日本のネーチャンに人気があったのも許すぞ!!、グレッグ。ドラムも良いね。素晴らしい。連中は練習ってちゃんとやるのかな?バンマスとしては気になる。彼等ぐらいのビッグネームになると、スタジオの予約は不要なんだろうなあ。二次会の予約は必要かな?歌も良い。いやーーーー、傑作ですねえ。
 B面については、最後のAre You Ready Eddy?が実に素晴らしい。他とは全然雰囲気が違う曲だが、それが良いのだ。このアルバムは、一家に一枚は責務である(私は持ってないけれど・・・)。
[PR]
by crossovermiddle | 2013-03-02 14:12 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30