Twin Best___尾崎亜美

b0021712_2350411.jpg大好きな尾崎亜美の2枚組ベストアルバム。やっと奪回した。購入時期は1986年頃。
 女性ニューミュージックに関しては、荒井由美、八神純子、竹内まりあ、丸山圭子などを他にも聞いていたのだが、彼女の他にレコードを購入したのは荒井由美だけだ。竹内まりあは彼女が山下師匠の嫁さんになりサウンドが一変してからCDを購入するようになった。
 尾崎亜美は荒井由美とサウンドの系譜が似ているので好きなのだが、特に『ストップモーション』を初めて聴いた時は少々衝撃を受けた。初めて聴いた日までちゃんと覚えているほどだ(昭和54年3月21日)。私は、歌詞には余り興味がないのだが、彼女の歌は歌詞をじっくり聴いてしまう。彼女の歌はイメージが映画のように脳裏に浮かぶのである。多分、かなり考えて作られているのであろう。前述の『ストップモーション』は、恋人と些細なことで喧嘩した女性が反省して彼のアパートに再び謝りに戻るシーンを歌にしたものだが、情景がバチッリと浮かびあがるのだ。日本の音楽シーンで優れた実績のある彼女だが、もう少し爆発的に人気が出ても良いと思うのだが・・ちなみに本アルバムの曲目は下記の通りである。実にお買い得である。

マイ・ピュア・レディ、春の予感~アイヴ・ビーン・メロウ、フォー・ユー、暝想、ストップモーション、嵐を起こして、あなたはショッキングシャイン、初恋の通り雨、心にメイクアップ、パーフェクトゲーム、来夢来人、私は愛を唄わない、テンダーレイン、ジェシー、.旅、偶然、涙の雨、少年の日のメリーゴーランド、午前五時の旋律、うわさの男、ラストキッス、気分を変えて、リトル・ファンタジー、スローダンシング、少年の炎を消さないで、冬のポスター、ブーミング・クラッカー、太陽のひとりごと、センセイション
[PR]
トラックバックURL : http://crossoverm.exblog.jp/tb/1783544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by crossovermiddle | 2005-01-20 23:52 | 音楽全般 | Trackback

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31