Live And In Living Color___Tower Of Power

b0021712_2350555.jpg大好きなタワーオブパワーのライブアルバム。購入は1977年。いやはや、もの凄い内容のアルバムである。大編成バントにも関わらず、ライブの演奏とは思えない程見事なアンサンブルだ。全盛期のTOPがいかに凄いグループだったかが良くわかる。この頃のライブを見てみたかったものだ。
 さてメンバー変更がお家芸になっていたこの頃のTOPであるが、本アルバムではドラムスはDavid Garibaldiが叩いている。この男は天才ドラマーのくせに出たり入ったり忙しいオッサンだ。ボーカルはHubert Tubbsという人であるが、Lenny Pickett、Emilio Castillo、Stephen "Doc" Kupka、Greg Adams、Mic Gilletteのホーンセクション、Chester Thompsonのキーボード、そしてギターはBruce Conte、ベースはFrancis Rocco Prestiaという黄金メンバーでの演奏である。オークランドストロークがギンギンの『What Is Hip?』を聴くと完全にノックアウトされること請け合いだ。本当に宇宙最高のファンク・バンド(http://www.towerofpower.jp/)の形容詞が大げさでないように思える。
[PR]
トラックバックURL : http://crossoverm.exblog.jp/tb/1683654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by crossovermiddle | 2005-01-11 00:03 | 音楽全般 | Trackback

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31