Cross Poinst___Casiopea

b0021712_13283656.jpgカシオペアのどちらかというと地味なアルバム。購入は社会人になったばかりの1981年。野呂、向谷、桜井、神保の黄金メンバーで発表したアルバムの中ではちょうど過渡期の作品かもしれない。電子楽器が加速度的に進歩し始める直前の頃なので、今から考えるとサウンド的には地味な印象を受ける。
 曲は以下の9曲だが、やはりA面2曲目の『スウエアー』が良い。B面2曲目の『サニーサイドフィーリン』も作者の神保色が良く反映された佳曲である。この頃は私も若かったが、カシオペアのメンバーも同様に若かった。このころから、彼等は超人気バンドになってゆく。数年後には六本木ピットインのチケット購入も困難になってゆくのである。
1.スマイル・アゲイン
2.スウェアー
3.ア・スパークリング・デイ
4.スパン・オブ・ア・ドリーム
5.ドミノ・ライン
6.ギャラクティック・ファンク
7.サニーサイド・フィーリン
8.エニー・モーメント(ウィル・ビー・ワン)
9.エンドレス・ビジョン
[PR]
by crossovermiddle | 2004-12-25 13:35 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30