Super Takanaka Live__高中正義

b0021712_22153369.jpg 民主党の政権運営の余りのひどさに唖然となっている。最近は、ある種の漫才を見物している気分だ。・・何ともはや・・・。日本は平和である(当面は・・)。
 さて政治も天候も不順な昨今の鬱陶しさを振り払う一枚。我がバンドのアイドルの一人でもある高中正義氏のライブアルバムである。購入は1980年。曲目は下記である。可もなく不可もなくといったところか・・。
・ブルー・ラグーン ・エクスプロージョン ・珊瑚礁の妖精 ・レイニー・デイ・ブルー ・トロピック・バード ・ディスコ“B” ・レディ・トゥ・フライ ・ 黒船
 高中正義氏は我々中年ギターオヤジを含めて、アマチュアギタリストから絶大な人気を誇っているミュージシャンの一人だ。彼が絶頂期に愛用したことにより、YAMAHAの旗艦ギターであるSGは爆発的に売れたのだ。どうしてこんなに人気があるのか?実は良くわからない。いわゆる『ギターテクニック』に関しては、彼よりも優れたギタリストは沢山いる。ルックスはどうか?乾物屋の兄ちゃんですな。とても良いとはいえん。
 じゃあ、どうしてあんなに人気があるのか?やはり、良くわからんのである。個人的な推測であるが、要は『ヘタウマ』であることが良いのではないか?つまり、彼の生み出す優れた楽曲と相まって、自分達が手が届くミュージシャンなのだな。多分。カシオペアの野呂氏やプリズムの和田師匠なんかは全く手が届く感じがしない。この違いではないだろうか?
 ともあれ、我々アマチュアミュージシャンはアイドルを設定することは重要である。その意味では、まさに最適なミュージシャンだったんだろうなあ。
 
[PR]
トラックバックURL : http://crossoverm.exblog.jp/tb/13197611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by crossovermiddle | 2010-04-23 22:31 | 音楽全般 | Trackback

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31