エスカレーション__河合奈保子

b0021712_11295739.jpg 半年間の大阪長期出張も3/Eで終了となり、来月からは再び通勤地獄の日々に戻る。あー嫌だ。しかし、昨日は我が湘南ベルマーレが今シーズンの初勝利を飾った。J1での勝利は、1999年8月の対名古屋グランパス戦以来実に11年ぶりである。この時の試合は平塚で観戦したが、現グランパスのストイコビッチ監督がバリバリ現役で、お約束通り退場してくれた思い出深いゲームだ。あれから、11年か・・・・、スゲー長いなあ。感動である。
 そういうことで大変気分の良い本日は、音楽関連のテーマについて少々長い講釈を垂れたい。テーマはカラオケである。カラオケはそれほど好きではないが、仕事の関係で良くつき合わされる。特に最近は35~43歳くらいの大手企業勤務の男性連中と行くことが多い。私より一回り若い連中である。一昨日も某大手機械メーカのお客様(40歳前後)に朝の3時までつき合った。まあ、それなりに楽しいのであるが、色々と考えさせられることがある。それは、『世代間ギャップ』である。
 私の長年の観察によると、この連中のカラオケの選曲傾向のポイントは下記のようになる。
 (1) 連中の選曲する歌は全く聴いたことがないものが多い。
 (2) 尾崎豊、BOØWY、X-Japan、B'z 等の私の全く興味のない連中の歌を選曲する。
 (3) 意外に浜田省吾が多い。世代的にはおかしいと思うのだが・・・。
 (4) 必ずJ-WALKを歌う。
 (5) 訳のわからん海外の曲を歌う。連中は全員知っていて盛り上がるが、私は聴いたこともない曲であることが多い。
 (6)  何故かミスチルを余り歌わない。
 (7)  同様にサザンを余り歌わない。
 (8)  アニソンを良く歌う。大抵は、ガンダム関連もしくはその近傍である。連中は全員知っていて盛り上がるが、私は聴いたこともない曲であることが多い。歌詞画面にオリジナルアニメが映し出されたら、それはもう大騒ぎである。
 (9)  全体的に短調のバラード曲が多い。長調の曲が少ない。
 (10) 福山雅治の桜坂を歌う。私はこの曲のどこが良いのかさっぱりわからない。
 上記にあるように、この連中とカラオケにゆくと、主導権を握るのはほぼ絶望的である。たまに、妥協的にアニソン(宇宙戦艦ヤマト、バビル二世)やプリンセス・プリンセスを歌って接点を維持するのがやっとだ。上記は一部のサンプルだけだから普遍的なものではないかも知れないが、個人的にはこの35~43歳前後の大手企業勤務男性は少々特殊な人種なのではないか?と睨んでいるのだ。この連中は何か特別な人生を歩んできているはずなのだ。是非、皆さんも周囲に確認して、状況を私に報告して欲しい。

 さて、肝心のアナログレコードはどうでも良くなったが一応紹介したい。清楚+巨乳というアンバランスが最大の魅力だった、80年代を代表する女性アイドルである河合奈保子さんの最大のヒット曲となった『エスカレーション』。この曲ですね。作曲は天才 筒美京平である。彼独特の印象に残るメロディと、この曲でイメージチェンジを図ろうとした奈保子ちゃんの優れた歌唱力が上手くマッチした名曲である。私は彼女のコンサートドキュメンタリーのイメージビデオを所有しているが、この曲を練習している彼女の姿に大変感銘を受けた記憶がある。本当に可愛かったなあ。この頃のトップアイドル達は、人気低落と共にグダグダにレベルダウンしてゆくか、芸能人同士結婚→ママドル復帰のよう路線が多いが、彼女は突然行方をくらましたという印象だ。一体、どうなっているのだろうか?かってのファンとしては気になるところである。
[PR]
by crossovermiddle | 2010-03-28 12:25 | 音楽全般

E-mail: bzfallvalley@gmail.com


by .
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30